猫の気持ち 其の二


 吾輩はとある街角を探索している。

 ヤス君の御導きにしたがって案内された場所へと訪れたつもりであったが、やっぱり迷子になってしまった。
「う~ん、確かに分かりにくいでござるなあ」
 おそらくこの辺りと言う所までは来ているはずなのであるが、雑居ビル群の中をグルグルと徘徊している。オフィス用のビルであることは一目で分かるのであるが、看板も名札も付いていないような小さい会社ばかりのようで、どれが探偵事務所かなどとんと見当が付かぬ。まるでペーパーカンパニー村のようであるな。タケダ商店に戻るのも手間であるし、またここいらで猫探しでも始めようかしらん。
 そうこうしているウチに、ついにポツリポツリと雫が鼻先や額に落ちてきた。
「あらら、ついに降り始めてしまったか」
 小雨と思っていたのであるが、どんどん雨足が強くなって来てしまう。この季節特有のゲリラ豪雨と言うヤツであるな。
 これはいけない。とりあえず探索ゴッコは中断することにして、どこか雨宿りできる場所を確保しなくては。
 モタモタしている間にどんどん雨の勢いは烈しさを増してくる。ポツポツとゆっくり降って来ていた雫が、やがてザーザーと連続した一繋ぎの音となり、視界がうっすらと白く濁り始める。人間であったときはさほど気にもしていなかったのであるが、猫目線においては一大事件である。アスファルト舗装と言えども、飛び跳ねた雨水が細かい埃と一緒に舞い上がり、吾輩の体をみすぼらしい姿へと変えていってしまう。
 これでは泥んこまみれになってしまうのも時間の問題であるな、早く何とかしなくては。急ぎ足で雑居ビル群の中を走り回っているのであるが、これほど烈しくなってしまった雨を凌げる場所となるとなかなか難しい。申し訳程度に張り出した雨戸いや庇などでは屁のつっぱりにもならない、落ちるナイフに昇竜拳を放つようなものである。もはやこれはアクムだ。もうあきらめて泥だらけになってしまおうか。
 そう考えた矢先のことである。前方に何やら巨大な小屋のような空間が見えてきた。まるでシャワーをかけられているような雨のせいで視界が霞み、見辛いのであるが、どうやら一階部分が駐車場になっている建物のようだ。
 運良く車は一台も停まっておらずガラガラである。
 よし、あそこでちょっくら雨宿りさせてもらうことにするかのう。
 すでにずぶ濡れになってしまったが、このまま雨に打たれ続けるのもシンドイのでとにかく駐車場の空間へと飛び込むことにする。

猫の気持ち 其の一


 吾輩は旅をしている。新しい主との出会いを求めて、美里町を探索しているところであ~る。

 それほど長く住んでいる町では無いので、こうしてあちこちを歩き回っているだけでも新しい発見が次から次へと現れてなかなか面白いものである。
 できるだけ早く新しい主を見つけてのんびりと猫又生活を満喫したいところではあるが、お目当ての美女とめぐり合うのはそう簡単でも無さそうだ。なに、見つからなかった時はそ知らぬ顔をしてアラン君のレストランにでもしばらくご厄介になれば良かろうと、存外呑気に希望的観測を抱きながら人探しをしているところである。
 ちょいと二日酔いでフラフラする足取りをなんとか踏ん張らせながら、とりあえず人だかりの多そうな商店街の方へと向かうことにしよう。
 猫を飼いたいと思っている人と出会うのはそう簡単なことではないであろうことは吾輩も十分に承知しているつもりだ。確かに、猫は人気のあるペットである。ニャアニャア猫なで声を上げながら近付いて行けば、たいていの人は可愛がってくれるであろう、子供から老人までお手のものだ。しかし、問題となるのはここから先の段取りである。
 多くの場合、一通りあやしてくれたあと、「またね、バイバイ」とそのまま置き去りにされてしまう。そのまま家へとお持ち帰りしてくれる輩は中々いない。吾輩自身が猫になる前は、そのような不人情な振る舞いをしておったのであるからして、猫になったからと言ってホモ・サピエンス族に対度を改めよと申し開きを立てるのはちょいと不義理であると言わざるを得ない。
 と言うわけで、手当たりしだいで通りすがりの人に愛嬌を振り撒くのはやめておくことにする。やはり猫らしく自然体であることが最も合理的であると言う結論に達するのだ。
 こうして、哲学的な思索に耽りながら当てもなく街の中をウロウロと徘徊しているわけであるが、改めて猫と言うものは決して万能な存在では無いことに気付かされてしまった。観測者としては確かに優秀な存在かもしれないが、一線を越えて懐の奥まで入り込むには大変な熟慮を必要とする。お目当ての女の子を口説き落す過程とよく似ていると言っても差し支えない、もうちょっと真面目にナンパの練習をやっておけば良かったかもしれないにゃあ。
 しかしながら、いまさら悔やんだところで仕方がないし、猫になったのなら猫なりのやり方と言うのもあるだろう。餅は餅屋にまかせろと言う考え方がある。この世界には沢山の猫好きが存在しているのであるから、それに答えるだけの猫も多数存在するのが宇宙のしくみである。したがってこの街にも沢山の猫が存在するはずだ、ならば猫に直接聞いて回るのが一番手っ取り早い。きっと猫を飼いたいと思っている人物を知っているはことであろう。
 以上の結論に達したならば、吾輩が次に取るべき行動は自動的に決定される。まずはこの町の住人を良く知っている猫を探し出すことから始めることにしたそう。

猫の気持ち 其の五

吾輩は食後の散歩をしておる。新しく出会った町を探索中である。

 十分ほど主人の背中から町の様子を観察しておるところであるが、異国の地まで移動したワケではなさそうだ。見覚えのある建物はまだ見当たらないが、人々の様子や話し言葉からしてそう遠くまでは来ておらぬであろう。まずは一安心だ。
 町の景色が後ろから前へと流れてゆく。住宅街を抜けたのであろう、飲食店やスーパーが増えて人の数が多くなってきた。
 またしばらく観察を続けていると踏み切りの音が聞こえてきた。駅が近いようであるな、電車か駅名が見えれば現在地を探るヒントになるのであろうが、主人のリュックに潜り込んで背中合わせに向いているので今のところ音しか聞こえない。
 電車が通り過ぎて踏切が開く。踏切を渡るついでに駅のホームが見えたので駅名を確認しようかと思ったがまだ遠い、しかしながらちょっと見覚えのあるような気がするホームだ。意外と近いぞこれは。
 主人が進行方向を変えた。駅の改札へと向かっているのであろう、ここで何処から沸いて来たのかは分からぬが一気の人の数が増えてきだした。学生が多い町のようであるな、それっぽい服装の若人に甘い香りが流れるお菓子屋さんと喫茶店だらけになった。
 いよいよ改札へ向かうかと思いきや。主よ何をおもったのか駅前を通り過ぎてしまう。
 しかし、ここで駅の看板を確認することが出来た。『園原駅』とある。なるほど、吾輩の自宅の最寄り駅から二駅の近所であった、まあそんなものであろうな。
 さてさて、主よ一体全体何処へ向かうつもりであろうか。しばらくジッとしていると、とある喫茶店の前で立ち止まった。
「お前はカリカリを食べてご満悦だろうけど僕は朝からまだ何も食べていないんだ。今度は僕がご飯を食べさせてもらうよ」
 そう呟くと、リュックを下げてから吾輩を抱き上げ、地面へと降ろしてくれた。
「猫のお前には分からないだろうけど、この店でブリテンサンドを食い散らかしながらスマホをイジるのが最近のトレンドなのさ」
 ふむ、新興宗教の儀式か何かかのう、犬や猿でも分からぬと思うが。ついでに言えばズボンのチャックが全開になっておるようじゃがコレも儀式の一環であろうか。
「さ、ココはペット入店禁止なんだ。アッチの公園で散歩でもしておいで、あとで迎えに行ってやるから」
 チャックが開いているのを教える暇もなく追い払われてしまった。主は再びリュックを抱えると踵を返し、店の中へと入ってゆく。
 うむ仕方がない。言われたとおりちょっと散歩でもすることにいたそう。

猫の気持ち 其の九

吾輩は瞑想している、午後の陽射しがとても心地よい。

 ここは名も無き主のアパートである。リビングの窓際でやわらかい空気に包まれながら今後の方針について、いろいろと思案しているところなのであ~る。
 今日は土曜日なので学園はお休みである。したがって名も無き主も家の中に居るのであるが、今日は朝から自室へと閉じ篭って何やらオンラインゲームに熱中しておるようだ。もちろん、夢中になっているのは先日届いたばかりの新作ゲーム『希望の搭』であ~る。
 首の皮一枚繋がったという感じで何とか留年をまぬがれて気が緩んでしまったのであろうか、期末テストのことなどはもうすっかり頭の中からは消え去ってしまっているようである。それからと言うもの、学園内においては、スマホで例の美女学生へ熱心にリツイートと言う作業を行いながら、SNSでいかに自分が彼女と得意な仲であるかを必死にアピールしてみたり、家に帰って来てはそそくさとパソコンを立ち上げて例の新作ゲームを徹夜同然でやり込む日々が続いている。
 どうやら新作ゲームの進捗状況もSNSで報告するのが日課になっているようで、先日もゲーム内のカジノにどっぷりハマリ込んだあげく7000万ギルも摩ってしまい、憔悴しきった表情でベッドに寝転がっている姿を自撮りして動画投稿サイトにアップしておられた。
 SNS上では、たちまち哀れみのコメントとカンパが押し寄せ、人気急上昇中のブログとしてランキング入りを果たしたようである。
 吾輩はその一部始終を名も無き主のそばでずっと観察していたのであるが、仮病にしてはなかなかの名演技であった。将来は名俳優になるやもしれぬ。
 そして今日も、朝起きると同時に吾輩をベッドから蹴落とし、「今日こそは第七階層まで登ってアズナちゃんと結婚するんだ」などと宣言をしてから、吾輩にお昼ご飯を与えるのも忘れてオンラインゲームに夢中になっている次第なのであ~る。
 吾輩がお昼ご飯をがまんすることで名も無き主がアズナちゃんと結婚出来るのであれば、喜んで我慢してあげるのであるが、どうも事はそう単純ではなさそうである。と言うのも、先ほどのことなのであるが、いいかげんお昼ご飯を催促しようかと名も無き主の部屋へ入ろうとしたら、丁度トイレに行くためにリビングへと出てきた名も無き主とバッタリ鉢合わせしてしまった。そして吾輩と視線が交差するや否や、「チッ、黒田め。いよいよ本性を現して来やがったぜ」などと殺意のこもった謎の台詞を吐き捨てると、そのままプイッと行き過ぎてしまった。
 どうやら只事ではない何かが起こってしまったようである。
 何となく恐ろしい毛配を感じたので、吾輩はそのままベランダの方へ舞い戻り瞑想に耽ることにした。アズナちゃんとのお見合いが御破談にならないことを静かに祈ることにいたそう。
 それにしてもお腹が空いたにゃあ。朝から何も食べていないのであるからなおさらである。このままでは夜のご飯も抜きになってしまうのではないであろうか、不安が脳裏に浮かぶと同時にふと思い出した。
 今日は例のネコネコ団集会の日である。名も無き主におねだりしなくても御馳走にありつけるではないかぁ。そう考えると、みるみる体に元気が沸いてくるのを感じる、先程まで空腹感ばかりであったお腹のムシもピタリと鳴き止んだ。むしろ今では晩餐を思う存分楽しんでやろうと言う気概と共に水一滴すら口にはするまいと言う、信念にも似た固い決意が沸いてきた。

猫の気持ち 其の八

吾輩はこの学園で講義を受けようと思う、名も無き主の運命を見届けるためだ。


 心優しい吾輩は、主の様子を伺いに本部棟へと戻ってきた。中央のロビーまでやって来ると、名も無き主は以前と同じ場所にまだ居るようだ。
 しかしながらちょっと様子がおかしい、膝の上でノートパソコンを広げて何やら一生懸命作業をしているように見える。
 あちゃー、ついに友達は捕まえられなんだか。まさか、今から課題のプログラムを作り直そうという魂胆であろうか。これは留年確定かもしれないのう、下手に近づくと八つ当たりされそうなので、ちょっと離れた所から見守ることにしよう。
 しばらく名も無き主の様子を見守っていると、突然、吾輩の目の前に一人の女性の姿が現れた。
 何となく見上げた瞬間バッチリ目が合ってしまった。そこには、ウェーブの掛かった茶褐色の長髪に少しあどけなさの残る端整な顔立ち、そして左の目尻にある泣き黒子がまたチャーミングで愛らしい美女が佇んでいる。エ・ロースの真髄を味わい尽くし、もはやアイドルのパンチラごときでは眉一つ動かさぬ吾輩を金縛りのように釘付けにしてしまうこの女人はいったい何者ぞ……。
 しばらくジッと見詰め合っていると、ニッコリと女神のような笑みで語りかけて来た。
「あら、こんなところに可愛い猫ちゃんが」
「あ、はい。満毒斎でござるデスデスデス」
 吾輩は何者かの意思に後押しされるように自然と彼女の足元へと導かれる。そして、尻尾をピンと立ち上げ、二本の足の間を八の字を描くように交互に移動する。これは猫又流の友愛を示す所作である。別にパンツを覗こうとしているわけではないぞ。
「あらあら、お腹でも空いているのかしら」
 吾輩は足元からすくい上げられ、謎の美女と正面から向き合う。間近で見るとまたさらに美しい。古今東西において真に美しいものは自然体であるときが最も輝いて見えるもので無用な飾り付けなど一切必要ない、何でもかんでも眼鏡を掛ければ良いというわけではにゃいのだ。
 さらに吾輩の眼前には史上最大級とも言うべき巨大な島宇宙が二つ渦巻いている。ブラウスの隙間から覗き見えるこの神秘的な谷間を黙って見ておるだけで良いのであろうか。
 否、真理探究者としてやるべきことは一つしかないであろう。
「いざ行かん、神秘なる谷間の深淵へ! とうっ」
 吾輩は女神の両腕を離れ、ブラウスの中へと潜り込んでゆく。
「あらあら、おませさんな猫ですねぇ(笑)」
「ヤダー、何この猫キンモー。ヤバイって如月さん、変なバイ菌移されちゃうわよ、さっさと引きずり出して窓から投げ捨てちゃいなさいよ」
 何やら同級生らしき連れの学生が罵詈を浴びせて来ておる。まったくもって不敬な輩であるな、吾輩を何と心得ているのであろうか。教育機関の最高学府に属する知性とは到底思えぬ、どうせ裏口入学であろう。
 吾輩は、肉球を聴診器のように彼女の体へと押し当てて、各部位の健康診断を開始する。うむ、実に見事な健康体であるな、病気や疾患の類は一切見当たらない。そして、この膨よかながら張りのある筋肉。これはきっと何かしらの武道を嗜んでいるに相違ない、しかもかなりの腕前とみた。さらに微かに漂う石鹸のかほり――ウン、たまらんにゃあ。