猫の気持ち 其の三

 吾輩はまた新しい根城へとやって来た。

 名も無き主の元をはなれ、新しい飼い主を探すために流浪の旅へと出たわけであるが、どうにかこうにか新しい主を見つけ出すことには成功した。ただし、新しい主の諸元については今回もほぼ不明である。これから一緒に生活していく過程で、少しずつ解明されてゆくのを期待したいところである。
 前回とは違って、今回は運よく仲介役の紹介にあずかることができたので、多少は楽をさせてもらった。しかし、全て条件通りとはいかなかったようで、この世とは、あらためて理不尽なものであることを痛感したしだいである。
 なにせ、この地球と言う惑星においては、ホモ・サピエンス族と呼ばれる非常に野蛮で素行が悪く、肉食を好む獰猛な種族が支配者として君臨してしまっているのだ。しかも、近年においては惑星の表面を覆いつくさんばかりに大繁殖してしまっているので、われわれ猫又族が大変難儀な思いをするのは当然と言えば当然であろう。
 何処へ行っても、あの傍若無人なホモ・サピエンス族が我が物顔で闊歩して歩いておられるわけであるから、吾輩は狭苦しい隅っこでコソコソしているより他に方法がない。
 ホモ・サピエンス族なるものは、猫を飼う時に、やれヨークシャテリアが良いだのスコテッシュホールドが良いと、色々な条件を付けたがるのに、我ら猫又族の方は主を選ぶことが出来ないと言うのはいささか不公平と言うべきではなかろうか。
 いっそのこと、飼い主を求めて飢えたお猫様達のために、猫好きのホモ・サピエンス族を集めてオークションでも開催してみたらいかがであろうかと提言してみる。
 そうすれば、今回のようにアチコチと動き回らずとも我ら猫又族がお猫様への忠誠心を吟味したうえで、お気に入りの飼い主を抽出することができる。これでこそ真の平等と言うものであろう。

「ゴロちゃーん、お風呂沸いたよ。キレイキレイしてあげるからこっちに来なさーい」
 新しい、猫族とホモ・サピエンス族との関係について思案していると、舞子さんからお呼びが掛かり吾にかえる。
 そう、ここは舞子さんが一人で暮らしておるアパートだ。典型的な単身者用の間取りで、お世辞にも広いとは言いがたいのであるが、生活空間をコンパクトにまとめるには丁度良い間取りのようだ。
「コッチだよ、おいでー」
 舞子さんに呼ばれるままに、後を付いて行く。今日はゲリラ豪雨の中を走り回ったおかげで全身泥だらけになってしまったからのう、お風呂で洗い流してもらうことに致そう。
「先に中に入って待っててね」
 台所がある部屋へ招かれると、さらに奥の扉を開けて中へ入るように催促される。ふむ、浴室のようであるな。
 さっそく中へ入って観察開始。ふーむ、浴槽はわりと大きめであるな、単身用なのでそれなりの広さであるが、体育座りしなければいけないほど狭くもない。正面の壁には大きめの鏡と洗面台が付いており、シャンプーなどの小物類が並べられている。
 その中には見たことも無い、何に使うのかも分からない謎の器具を発見した。こぶし大の大きな吸盤のようなものが無数に付いている。はて、これは一体全体なんじゃらほい。
 ガチャリと浴室の扉が閉まる音がする。振り返って見ると、そこには一糸纏わぬ舞子さんの姿がある。なるほど、舞子さんも一緒に沐浴を済ませる算段であるな、大変に合理的だ。
「さぁ、もう逃げられないわよ。覚悟しなさぁい」
 うん、元より逃げる気など毛頭ないのであるが、何やら不穏な言い回しであるなぁ。よからぬことでも企んでおるのではなかろうのう。先ほど見かけた謎の器具の件もあるし、油断は禁物だ。
 しばし警戒しながら様子をうかがっていると、舞子さんはそのまま流し台へと向かい、シャワーの蛇口をひねると温度を確かめながら吾輩の方へ目配せし、おいでおいでと手招きしてくる。
 ふむ、どうやら吾輩を先に洗ってくれるようであるな。
「猫さん用シャンプー無いから今日はあたしので我慢してねー」
 言い終わると同時にシャワー攻撃が始まった。ううん、ニンゲン用のシャンプーをそのまま使うのはちょいと臭いがきつ過ぎるので勘弁してほしいのであるが、抗議をする間もなく、デロンと首筋から背中にかけてピンク色の液体を掛けられてしまった。
 そのまま舞子さんの手で全身を撫でるように揉み洗いをしておると、あっと言う間に吾輩の体は泡の塊に包まれながら膨れ上がって行く。おお、これは存外に気持ちが良いでござるな。
 自分の体がメレンゲのように泡の塊へと変貌してゆく奇妙な感覚。これはひょっとすると病み付きになるかもしれない。
「あはは、ゴロちゃんおもしろーい。鼻からシャボン玉出てる(笑)」
 一番楽しんでいるのは舞子さん自身のようであるな。シャボンがお気に入りならいくらでも出してあげるぞい。あと、うん。ソコ、首の裏の所をもう少し掻いてもらえると助かるにゃ。
「あわ泡泡泡~」
 浪花節に鼻歌を歌いながら、マシュマロお化けのようになってしまった吾輩をさらにこねくり回す。
「さ、ゴロちゃんもデビューに向けて発声練習よ。あわあわあわあわ~」
 ふい? 何のデビューかは知らんが、ここは一つ合わせておいた方が良いのかな。
『あわあわあわわわ~』
「弾けてポンッ!」
『弾けてポンッ!?』
「こつこつコツコツ~」
『こつこつコツツツ~』
「弾けてドカ~ン」
『土管ドカァンドカァァアアン
「なかなか上手いじゃない。これなら大丈夫そうね」
 ふむ、何が大丈夫なのかは判然としないが、とりあえず合格らしい。
 発声練習なるものが終わると、モクモクと泡立った体を再びシャワーで洗い流す。
 念入りに洗ってもらえたのだが、やはり人間様用のシャンプーはちと匂いがキツすぎる。
 仕方ない、しばらくの間は我慢するしかないであろう、次回こそはペット用のシャンプーでお願いしたいところだ。
「ホイ、おしまーい。ゴロちゃんはあたしが洗い終わるまで湯船の中で待っててね」
 言い終えると同時に、吾輩は両脇をかかえられた状態で宙を移動し、ゆっくりと湯船の中へと漬け込まれていく。
 ええ。いやちょっと待ってほしい、このままでは溺れてしまうではないか。と思いきや、体が半分くらい浸かったところで後ろ足が何かに着地した。
 おお、ちょうど良い所に足場があった。どうやらステップ付きの浴槽だったようだ。しかし、それでも四足を着いて立つと湯面ギリギリである。かろうじて鼻から上が浸からないで済んでいるだけの状態なので、ちょっとでも油断するとすぐに水没して窒息してしまいそうだ。顔をちょいと上に向けて、鼻先を湯面から出した状態で呼吸をするしかない。
「お、上手だねゴロちゃん。あたしが体洗い終わるまでそのままで待っててね。お湯飲んじゃダメだよ」
「へいへい、あまり待つのは好きじゃないので早めにお願いしますぞい」
 吾輩が溺れずに湯船に浸かっているのを確認すると、今度は舞子さんが体を洗い始める。しばらくはこのままジッとしておいて、舞子さんの入浴姿を眺める以外にすることがないのであるが、あまり長いこと待たされると茹で蛙になってしまいそうでちと心配だ。
 そんな吾輩の心配をよそに、舞子さんはのんびりと自分の体を泡に包み込んで、スポンジを使いながら各部をマッサージするように丁寧に洗い込んでゆく。


 

猫の気持ち 其の二


 吾輩はとある街角を探索している。

 ヤス君の御導きにしたがって案内された場所へと訪れたつもりであったが、やっぱり迷子になってしまった。
「う~ん、確かに分かりにくいでござるなあ」
 おそらくこの辺りと言う所までは来ているはずなのであるが、雑居ビル群の中をグルグルと徘徊している。オフィス用のビルであることは一目で分かるのであるが、看板も名札も付いていないような小さい会社ばかりのようで、どれが探偵事務所かなどとんと見当が付かぬ。まるでペーパーカンパニー村のようであるな。タケダ商店に戻るのも手間であるし、またここいらで猫探しでも始めようかしらん。
 そうこうしているウチに、ついにポツリポツリと雫が鼻先や額に落ちてきた。
「あらら、ついに降り始めてしまったか」
 小雨と思っていたのであるが、どんどん雨足が強くなって来てしまう。この季節特有のゲリラ豪雨と言うヤツであるな。
 これはいけない。とりあえず探索ゴッコは中断することにして、どこか雨宿りできる場所を確保しなくては。
 モタモタしている間にどんどん雨の勢いは烈しさを増してくる。ポツポツとゆっくり降って来ていた雫が、やがてザーザーと連続した一繋ぎの音となり、視界がうっすらと白く濁り始める。人間であったときはさほど気にもしていなかったのであるが、猫目線においては一大事件である。アスファルト舗装と言えども、飛び跳ねた雨水が細かい埃と一緒に舞い上がり、吾輩の体をみすぼらしい姿へと変えていってしまう。
 これでは泥んこまみれになってしまうのも時間の問題であるな、早く何とかしなくては。急ぎ足で雑居ビル群の中を走り回っているのであるが、これほど烈しくなってしまった雨を凌げる場所となるとなかなか難しい。申し訳程度に張り出した雨戸いや庇などでは屁のつっぱりにもならない、落ちるナイフに昇竜拳を放つようなものである。もはやこれはアクムだ。もうあきらめて泥だらけになってしまおうか。
 そう考えた矢先のことである。前方に何やら巨大な小屋のような空間が見えてきた。まるでシャワーをかけられているような雨のせいで視界が霞み、見辛いのであるが、どうやら一階部分が駐車場になっている建物のようだ。
 運良く車は一台も停まっておらずガラガラである。
 よし、あそこでちょっくら雨宿りさせてもらうことにするかのう。
 すでにずぶ濡れになってしまったが、このまま雨に打たれ続けるのもシンドイのでとにかく駐車場の空間へと飛び込むことにする。

猫の気持ち 其の一


 吾輩は旅をしている。新しい主との出会いを求めて、美里町を探索しているところであ~る。

 それほど長く住んでいる町では無いので、こうしてあちこちを歩き回っているだけでも新しい発見が次から次へと現れてなかなか面白いものである。
 できるだけ早く新しい主を見つけてのんびりと猫又生活を満喫したいところではあるが、お目当ての美女とめぐり合うのはそう簡単でも無さそうだ。なに、見つからなかった時はそ知らぬ顔をしてアラン君のレストランにでもしばらくご厄介になれば良かろうと、存外呑気に希望的観測を抱きながら人探しをしているところである。
 ちょいと二日酔いでフラフラする足取りをなんとか踏ん張らせながら、とりあえず人だかりの多そうな商店街の方へと向かうことにしよう。
 猫を飼いたいと思っている人と出会うのはそう簡単なことではないであろうことは吾輩も十分に承知しているつもりだ。確かに、猫は人気のあるペットである。ニャアニャア猫なで声を上げながら近付いて行けば、たいていの人は可愛がってくれるであろう、子供から老人までお手のものだ。しかし、問題となるのはここから先の段取りである。
 多くの場合、一通りあやしてくれたあと、「またね、バイバイ」とそのまま置き去りにされてしまう。そのまま家へとお持ち帰りしてくれる輩は中々いない。吾輩自身が猫になる前は、そのような不人情な振る舞いをしておったのであるからして、猫になったからと言ってホモ・サピエンス族に対度を改めよと申し開きを立てるのはちょいと不義理であると言わざるを得ない。
 と言うわけで、手当たりしだいで通りすがりの人に愛嬌を振り撒くのはやめておくことにする。やはり猫らしく自然体であることが最も合理的であると言う結論に達するのだ。
 こうして、哲学的な思索に耽りながら当てもなく街の中をウロウロと徘徊しているわけであるが、改めて猫と言うものは決して万能な存在では無いことに気付かされてしまった。観測者としては確かに優秀な存在かもしれないが、一線を越えて懐の奥まで入り込むには大変な熟慮を必要とする。お目当ての女の子を口説き落す過程とよく似ていると言っても差し支えない、もうちょっと真面目にナンパの練習をやっておけば良かったかもしれないにゃあ。
 しかしながら、いまさら悔やんだところで仕方がないし、猫になったのなら猫なりのやり方と言うのもあるだろう。餅は餅屋にまかせろと言う考え方がある。この世界には沢山の猫好きが存在しているのであるから、それに答えるだけの猫も多数存在するのが宇宙のしくみである。したがってこの街にも沢山の猫が存在するはずだ、ならば猫に直接聞いて回るのが一番手っ取り早い。きっと猫を飼いたいと思っている人物を知っているはことであろう。
 以上の結論に達したならば、吾輩が次に取るべき行動は自動的に決定される。まずはこの町の住人を良く知っている猫を探し出すことから始めることにしたそう。