猫の気持ち 其の二


 吾輩はとある街角を探索している。

 ヤス君の御導きにしたがって案内された場所へと訪れたつもりであったが、やっぱり迷子になってしまった。
「う~ん、確かに分かりにくいでござるなあ」
 おそらくこの辺りと言う所までは来ているはずなのであるが、雑居ビル群の中をグルグルと徘徊している。オフィス用のビルであることは一目で分かるのであるが、看板も名札も付いていないような小さい会社ばかりのようで、どれが探偵事務所かなどとんと見当が付かぬ。まるでペーパーカンパニー村のようであるな。タケダ商店に戻るのも手間であるし、またここいらで猫探しでも始めようかしらん。
 そうこうしているウチに、ついにポツリポツリと雫が鼻先や額に落ちてきた。
「あらら、ついに降り始めてしまったか」
 小雨と思っていたのであるが、どんどん雨足が強くなって来てしまう。この季節特有のゲリラ豪雨と言うヤツであるな。
 これはいけない。とりあえず探索ゴッコは中断することにして、どこか雨宿りできる場所を確保しなくては。
 モタモタしている間にどんどん雨の勢いは烈しさを増してくる。ポツポツとゆっくり降って来ていた雫が、やがてザーザーと連続した一繋ぎの音となり、視界がうっすらと白く濁り始める。人間であったときはさほど気にもしていなかったのであるが、猫目線においては一大事件である。アスファルト舗装と言えども、飛び跳ねた雨水が細かい埃と一緒に舞い上がり、吾輩の体をみすぼらしい姿へと変えていってしまう。
 これでは泥んこまみれになってしまうのも時間の問題であるな、早く何とかしなくては。急ぎ足で雑居ビル群の中を走り回っているのであるが、これほど烈しくなってしまった雨を凌げる場所となるとなかなか難しい。申し訳程度に張り出した雨戸いや庇などでは屁のつっぱりにもならない、落ちるナイフに昇竜拳を放つようなものである。もはやこれはアクムだ。もうあきらめて泥だらけになってしまおうか。
 そう考えた矢先のことである。前方に何やら巨大な小屋のような空間が見えてきた。まるでシャワーをかけられているような雨のせいで視界が霞み、見辛いのであるが、どうやら一階部分が駐車場になっている建物のようだ。
 運良く車は一台も停まっておらずガラガラである。
 よし、あそこでちょっくら雨宿りさせてもらうことにするかのう。
 すでにずぶ濡れになってしまったが、このまま雨に打たれ続けるのもシンドイのでとにかく駐車場の空間へと飛び込むことにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です