【ポエム版】Googleアドセンス審査に合格するコツ

ポエムだけでもアドセンスの審査は通る!


たまにはポエム以外の投稿を--て言うか。
初めてになりますが、Googleアドセンスの審査に通りました。
先日ダメもとで申請してみたら、一発ですんなりと……。
内容は見ての通り、自作ポエムを投稿しているだけ。
と言うことは、自作小説を公開してるサイトでも審査は通ると言う事ですね。


たがちょっと待って欲しい。
このサイトを読んだことがある人なら分かると思いますが。
「なんでこんなサイトがアドセンス通るんだ?」と思う方が大半ではないしょうか。
吾輩ですらそう思います。


と言うわけで、気になって仕方が無いのでアドセンス関連のページを巡回して調べてみました。
するとどうでしょう、年々審査基準が厳しくなっているらしいじゃないですか。
らしいと書いたのは審査基準自体は公開されてないからです。
探偵ゴッコして推察するしかありませんね。


それにしても、関連サイトを読めば読むほど混乱してきます。
多くのサイトでチェック項目やガイドラインが掲示されていますが、吾輩のサイトは該当してない項目の方が多い気がします。
ページレイアウトに到っては、合格してから慌ててスマホモードを実装したりSSL化してる始末です(苦笑)。
と言うことは、表向きに公表されている内容より重視されている何か、
“核”のような指針がありそうですにゃ。


 外部から恩賜的に与えられた枠組みに沿って、とりあえず型を整え、AI審査だけでサクッと合格するのもアリですが。
 もっとこう、猫の気まぐれでちゃぶ台返しを食らい、枠もろとも爆散して焼け野原になろうとも。
 再び自らの足で立ち上がり、自立した個性として、のっしのっしと力強く進んで行ける骨太な何か!


さて、他のサイトでも、アドセンスに合格した人は是非とも自分の体験談を紹介して下さいと書かれていたので


吾輩もやってみることにしましょうか。

“【ポエム版】Googleアドセンス審査に合格するコツ” の続きを読む

猫の気持ち 其の二


 吾輩はとある街角を探索している。

 ヤス君の御導きにしたがって案内された場所へと訪れたつもりであったが、やっぱり迷子になってしまった。
「う~ん、確かに分かりにくいでござるなあ」
 おそらくこの辺りと言う所までは来ているはずなのであるが、雑居ビル群の中をグルグルと徘徊している。オフィス用のビルであることは一目で分かるのであるが、看板も名札も付いていないような小さい会社ばかりのようで、どれが探偵事務所かなどとんと見当が付かぬ。まるでペーパーカンパニー村のようであるな。タケダ商店に戻るのも手間であるし、またここいらで猫探しでも始めようかしらん。
 そうこうしているウチに、ついにポツリポツリと雫が鼻先や額に落ちてきた。
「あらら、ついに降り始めてしまったか」
 小雨と思っていたのであるが、どんどん雨足が強くなって来てしまう。この季節特有のゲリラ豪雨と言うヤツであるな。
 これはいけない。とりあえず探索ゴッコは中断することにして、どこか雨宿りできる場所を確保しなくては。
 モタモタしている間にどんどん雨の勢いは烈しさを増してくる。ポツポツとゆっくり降って来ていた雫が、やがてザーザーと連続した一繋ぎの音となり、視界がうっすらと白く濁り始める。人間であったときはさほど気にもしていなかったのであるが、猫目線においては一大事件である。アスファルト舗装と言えども、飛び跳ねた雨水が細かい埃と一緒に舞い上がり、吾輩の体をみすぼらしい姿へと変えていってしまう。
 これでは泥んこまみれになってしまうのも時間の問題であるな、早く何とかしなくては。急ぎ足で雑居ビル群の中を走り回っているのであるが、これほど烈しくなってしまった雨を凌げる場所となるとなかなか難しい。申し訳程度に張り出した雨戸いや庇などでは屁のつっぱりにもならない、落ちるナイフに昇竜拳を放つようなものである。もはやこれはアクムだ。もうあきらめて泥だらけになってしまおうか。
 そう考えた矢先のことである。前方に何やら巨大な小屋のような空間が見えてきた。まるでシャワーをかけられているような雨のせいで視界が霞み、見辛いのであるが、どうやら一階部分が駐車場になっている建物のようだ。
 運良く車は一台も停まっておらずガラガラである。
 よし、あそこでちょっくら雨宿りさせてもらうことにするかのう。
 すでにずぶ濡れになってしまったが、このまま雨に打たれ続けるのもシンドイのでとにかく駐車場の空間へと飛び込むことにする。