猫の気持ち 其の五

吾輩は食後の散歩をしておる。新しく出会った町を探索中である。

 十分ほど主人の背中から町の様子を観察しておるところであるが、異国の地まで移動したワケではなさそうだ。見覚えのある建物はまだ見当たらないが、人々の様子や話し言葉からしてそう遠くまでは来ておらぬであろう。まずは一安心だ。
 町の景色が後ろから前へと流れてゆく。住宅街を抜けたのであろう、飲食店やスーパーが増えて人の数が多くなってきた。
 またしばらく観察を続けていると踏み切りの音が聞こえてきた。駅が近いようであるな、電車か駅名が見えれば現在地を探るヒントになるのであろうが、主人のリュックに潜り込んで背中合わせに向いているので今のところ音しか聞こえない。
 電車が通り過ぎて踏切が開く。踏切を渡るついでに駅のホームが見えたので駅名を確認しようかと思ったがまだ遠い、しかしながらちょっと見覚えのあるような気がするホームだ。意外と近いぞこれは。
 主人が進行方向を変えた。駅の改札へと向かっているのであろう、ここで何処から沸いて来たのかは分からぬが一気の人の数が増えてきだした。学生が多い町のようであるな、それっぽい服装の若人に甘い香りが流れるお菓子屋さんと喫茶店だらけになった。
 いよいよ改札へ向かうかと思いきや。主よ何をおもったのか駅前を通り過ぎてしまう。
 しかし、ここで駅の看板を確認することが出来た。『園原駅』とある。なるほど、吾輩の自宅の最寄り駅から二駅の近所であった、まあそんなものであろうな。
 さてさて、主よ一体全体何処へ向かうつもりであろうか。しばらくジッとしていると、とある喫茶店の前で立ち止まった。
「お前はカリカリを食べてご満悦だろうけど僕は朝からまだ何も食べていないんだ。今度は僕がご飯を食べさせてもらうよ」
 そう呟くと、リュックを下げてから吾輩を抱き上げ、地面へと降ろしてくれた。
「猫のお前には分からないだろうけど、この店でブリテンサンドを食い散らかしながらスマホをイジるのが最近のトレンドなのさ」
 ふむ、新興宗教の儀式か何かかのう、犬や猿でも分からぬと思うが。ついでに言えばズボンのチャックが全開になっておるようじゃがコレも儀式の一環であろうか。
「さ、ココはペット入店禁止なんだ。アッチの公園で散歩でもしておいで、あとで迎えに行ってやるから」
 チャックが開いているのを教える暇もなく追い払われてしまった。主は再びリュックを抱えると踵を返し、店の中へと入ってゆく。
 うむ仕方がない。言われたとおりちょっと散歩でもすることにいたそう。
 吾輩もくるりと身を返し、歩道を渡って公園へと向かう。
 駅前広場といった感じの公園はそれほど広くはないものの、ここも外縁に沿って遊歩道がある。ご飯を食べるとなると二・三〇分は掛かるであろうから、ゆっくりと散歩することにしよう。
 まだ少し強めの日光を浴びながらのっしのっしと歩いていると、何やら猫影らしきものが二つ見えてきた。これだけ天気が良いと散歩したくなるのが猫の性と言うものなのであろうな。
 少しずつ間が詰まってゆく、五・六間ほど近づいたところでふと気が付いた。どうも、見覚えがある。あのデップリした体格とギラギラした体毛は・・・・・・間違いない、アランとポルポト君のようだ。
 さて、どうしたものかのう。とりあえず今は用事もないので、ちょっと足を止め景色を眺めるフリをしてやり過ごすことにした。
 しばらく時間を潰してからもうよかろうと前に向き直ると、おやどうしたことか。アラン君とポルポト君、先程と同じ五・六間先で座り込んだまま何やら話し込んでいる。どうやら吾輩が来るのを待っているようだ。ヤレヤレだぜ。
 仕方が無いのでそのままズンズン進むことにして、たったいま気付いた風を装って話しかけてみる。
「おや、そこにおられるのはひょっとしてポルポト君ではありますまいかな」
「おやや、これは満毒斉君じゃありませんか。いやはや、こんな所でバッタリ出くわすとは奇遇ですな。ひょっとしたら天の導きなんてのもあるのかもしれないね。ヘアッハッハッハ」
 (ホントかよ胡散臭ぇなw)
「ヌコヌコ団の活動状況はどうでヤンスか。一週間ほど姿が見えなかったんで心配したでヤンスよ」
「ヌコヌコ団? 一週間?」
「おや、先週の集会で入団を承諾したじゃないかね。ハッハッハッハ」
 ああ、そう言うことか。どうやら異世界転生した衝撃で時空連続体に歪みが生じておるようじゃな。なに大したことは無い、お月様がデススターに変わっていたくらいの誤差だ、じきに収束するだろう。
「ボチボチと言ったところですな。完璧なまでには具現化出来なかったでござるが」
「それなら良かった。満毒斉君の活躍には期待しているからね、是非とも精進してくれたまえよ。ハッハッハッハ」
「おや、薄汚い田舎猫どもがおるのぅ」
“猫の気持ち 其の五” の続きを読む

猫の気持ち 其の九

吾輩は瞑想している、午後の陽射しがとても心地よい。

ここは名も無き主のアパートである。リビングの窓際でやわらかい空気に包まれながら今後の方針について、いろいろと思案しているところなのであ~る。
今日は土曜日なので学園はお休みである。したがって名も無き主も家の中に居るのであるが、今日は朝から自室へと閉じ篭って何やらオンラインゲームに熱中しておるようだ。もちろん、夢中になっているのは先日届いたばかりの新作ゲーム『希望の搭』であ~る。
首の皮一枚繋がったという感じで何とか留年をまぬがれて気が緩んでしまったのであろうか、期末テストのことなどはもうすっかり頭の中からは消え去ってしまっているようである。それからと言うもの、学園内においては、スマホで例の美女学生へ熱心にリツイートと言う作業を行いながら、SNSでいかに自分が彼女と得意な仲であるかを必死にアピールしてみたり、家に帰って来てはそそくさとパソコンを立ち上げて例の新作ゲームを徹夜同然でやり込む日々が続いている。
どうやら新作ゲームの進捗状況もSNSで報告するのが日課になっているようで、先日もゲーム内のカジノにどっぷりハマリ込んだあげく7000万ギルも摩ってしまい、憔悴しきった表情でベッドに寝転がっている姿を自撮りして動画投稿サイトにアップしておられた。
SNS上では、たちまち哀れみのコメントとカンパが押し寄せ、人気急上昇中のブログとしてランキング入りを果たしたようである。
吾輩はその一部始終を名も無き主のそばでずっと観察していたのであるが、仮病にしてはなかなかの名演技であった。将来は名俳優になるやもしれぬ。
そして今日も、朝起きると同時に吾輩をベッドから蹴落とし、「今日こそは第七階層まで登ってアズナちゃんと結婚するんだ」などと宣言をしてから、吾輩にお昼ご飯を与えるのも忘れてオンラインゲームに夢中になっている次第なのであ~る。
吾輩がお昼ご飯をがまんすることで名も無き主がアズナちゃんと結婚出来るのであれば、喜んで我慢してあげるのであるが、どうも事はそう単純ではなさそうである。と言うのも、先ほどのことなのであるが、いいかげんお昼ご飯を催促しようかと名も無き主の部屋へ入ろうとしたら、丁度トイレに行くためにリビングへと出てきた名も無き主とバッタリ鉢合わせしてしまった。そして吾輩と視線が交差するや否や、「チッ、黒田め。いよいよ本性を現して来やがったぜ」などと殺意のこもった謎の台詞を吐き捨てると、そのままプイッと行き過ぎてしまった。
どうやら只事ではない何かが起こってしまったようである。
何となく恐ろしい毛配を感じたので、吾輩はそのままベランダの方へ舞い戻り瞑想に耽ることにした。アズナちゃんとのお見合いが御破談にならないことを静かに祈ることにいたそう。
それにしてもお腹が空いたにゃあ。朝から何も食べていないのであるからなおさらである。このままでは夜のご飯も抜きになってしまうのではないであろうか、不安が脳裏に浮かぶと同時にふと思い出した。
今日は例のネコネコ団集会の日である。名も無き主におねだりしなくても御馳走にありつけるではないかぁ。そう考えると、みるみる体に元気が沸いてくるのを感じる、先程まで空腹感ばかりであったお腹のムシもピタリと鳴き止んだ。むしろ今では晩餐を思う存分楽しんでやろうと言う気概と共に水一滴すら口にはするまいと言う、信念にも似た固い決意が沸いてきた。
あぁ、干し柿でもあれば酒の肴にでもしてのんびりと夜が来るのを待っていられるのであるが、あいにくこの家にはそのような風流な食べ物は置いてない。したがって、このように瞑想にふけ込みながら静かに夜が訪れるのを待つしかないのであ~る。
お日様は刻一刻と西の方へと傾いてゆく。気が付いたらすっかりと秋の空模様になっており、部屋がオレンジ色の光に包まれ始めたかと思ったら、あれよあれよと言う間に深い藍色へと移り変わって行く。静かに無の境地に沈み込んでいると、時折となりの部屋から奇声が聞こえて来たりする。第七階層へと通じる門の番人、カジノ王黒田を倒すために悪戦苦闘中のようだ。
名も無き主が無地に第七階層までたどり着き、アズナちゃんとのお見合いが成功に終われば、ちょっとは機嫌が良くなってカリカリを恵んでもらえるかもしれない。
もしも御破談になってしまった場合は、このまま夕食もお預けとなってしまうであろう。そればかりか、きっと不機嫌になって吾輩に当り散らしてくる可能性が濃厚だ。となれば、もしばらく様子を見たうえでダメそうならちょいと早めに集会に出掛けることにいたそう。
またしばらく瞑想にふけ込む。窓の外の景色はすっかり真っ暗になって、お月様が昇り始めている。名も無き主の部屋からは何も物音が聞こえなくなった。はて、疲れて寝てしまったのかしらん。
ちょっと覗きに行って見ようかと思い立ったそのときであった。リビングの壁が鋭い打撃音と共にビリビリと振動を開始する、一呼吸おいてから棚の上の小物が床へと散らばる音と振動が床を通して肉球に伝わってきた。
あいやぁ、ついに破産してしまったか……。
十五夜のお月様に向かって、近所の飼い犬達が雄叫びを上げ始める。これは、何か嫌なことが起こりそうな予感がして来たぞい。
“猫の気持ち 其の九” の続きを読む

猫の気持ち 其の八

吾輩はこの学園で講義を受けようと思う、名も無き主の運命を見届けるためだ。


心優しい吾輩は、主の様子を伺いに本部棟へと戻ってきた。中央のロビーまでやって来ると、名も無き主は以前と同じ場所にまだ居るようだ。
しかしながらちょっと様子がおかしい、膝の上でノートパソコンを広げて何やら一生懸命作業をしているように見える。
あちゃー、ついに友達は捕まえられなんだか。まさか、今から課題のプログラムを作り直そうという魂胆であろうか。これは留年確定かもしれないのう、下手に近づくと八つ当たりされそうなので、ちょっと離れた所から見守ることにしよう。
しばらく名も無き主の様子を見守っていると、突然、吾輩の目の前に一人の女性の姿が現れた。
何となく見上げた瞬間バッチリ目が合ってしまった。そこには、ウェーブの掛かった茶褐色の長髪に少しあどけなさの残る端整な顔立ち、そして左の目尻にある泣き黒子がまたチャーミングで愛らしい美女が佇んでいる。エ・ロースの真髄を味わい尽くし、もはやアイドルのパンチラごときでは眉一つ動かさぬ吾輩を金縛りのように釘付けにしてしまうこの女人はいったい何者ぞ……。
しばらくジッと見詰め合っていると、ニッコリと女神のような笑みで語りかけて来た。
「あら、こんなところに可愛い猫ちゃんが」
「あ、はい。満毒斎でござるデスデスデス」
吾輩は何者かの意思に後押しされるように自然と彼女の足元へと導かれる。そして、尻尾をピンと立ち上げ、二本の足の間を八の字を描くように交互に移動する。これは猫又流の友愛を示す所作である。別にパンツを覗こうとしているわけではないぞ。
「あらあら、お腹でも空いているのかしら」
吾輩は足元からすくい上げられ、謎の美女と正面から向き合う。間近で見るとまたさらに美しい。古今東西において真に美しいものは自然体であるときが最も輝いて見えるもので無用な飾り付けなど一切必要ない、何でもかんでも眼鏡を掛ければ良いというわけではにゃいのだ。
さらに吾輩の眼前には史上最大級とも言うべき巨大な島宇宙が二つ渦巻いている。ブラウスの隙間から覗き見えるこの神秘的な谷間を黙って見ておるだけで良いのであろうか。
否、真理探究者としてやるべきことは一つしかないであろう。
「いざ行かん、神秘なる谷間の深淵へ! とうっ」
吾輩は女神の両腕を離れ、ブラウスの中へと潜り込んでゆく。
「あらあら、おませさんな猫ですねぇ(笑)」
「ヤダー、何この猫キンモー。ヤバイって如月さん、変なバイ菌移されちゃうわよ、さっさと引きずり出して窓から投げ捨てちゃいなさいよ」
何やら同級生らしき連れの学生が罵詈を浴びせて来ておる。まったくもって不敬な輩であるな、吾輩を何と心得ているのであろうか。教育機関の最高学府に属する知性とは到底思えぬ、どうせ裏口入学であろう。
吾輩は、肉球を聴診器のように彼女の体へと押し当てて、各部位の健康診断を開始する。うむ、実に見事な健康体であるな、病気や疾患の類は一切見当たらない。そして、この膨よかながら張りのある筋肉。これはきっと何かしらの武道を嗜んでいるに相違ない、しかもかなりの腕前とみた。さらに微かに漂う石鹸のかほり――ウン、たまらんにゃあ。
「コーラマイケル! 何やってるんだ」
うむむ、さっそく気付かれてしまったようだ。名も無き主が駆け寄ってくる足音が聞こえてきた。
仕方が無いので、一旦ぐるりと反転し、ブラウスの隙間から顔だけを覗かせてみると、ちょっと羨ましそうな目で睨み付ける主の姿があった。
「あら、あなたの猫ちゃんだったの」
「あ、はい……スンマセン。まったくウチのドラ猫がとんだご迷惑を……」
「ちょっとぉ、その薄汚いドラ猫さっさと退けなさいよぉ。如月さんが穢れちゃうじゃない!」
「あ、ハイ。ホラッ、こっち来いバイ菌猫めっ」
吾輩は無慈悲にも首根っこをグイッと摘まれるとそのままズルリと引きずり出されてしまった――無念。
「元気いっぱいの猫ちゃんですねw」
「元気があり過ぎなんですよコイツは。今朝も僕の課題プログラムをオジャンにしやがって」
「課題プログラム?」
「ええ。今日の講義が始まるまでに提出しないといけないんですがね、覚醒したオイラにとっちゃあ朝飯前のプログラムだったんで朝一でサクっと終わらせる予定だったんですよ。そしたらあと少しってところでこのバカ猫が全部パーにしやがって、まったく今日は人生最大の厄日でさぁ」
「あらあらダメよぉ、自分で覚醒したなんて言っちゃあ。まるで層化脳オバチャンみたいじゃない。ウフフ」
ふむ、流石に武道を嗜んでいるだけのことはあるのう。どこぞの法螺吹き主と違ってまともな精神が育成されているようだ。
「オイラを層化脳のヒステリーオバチャンと一緒にしちゃああきまへんぞなもし。オイラは真に覚醒した変態なんでヤンスよ」
おんやぁ。ひょっとしてアイツらが悪戯でもしておるのかのう(笑)。
「あらそう、それなら良いんですけど。なかなか面白い方ね、幻の三枚でもお探しなのかしら(笑)」
「まー見てて下さいな。これから日本人もどんどんオイラみたいに覚醒を始めて凶都みたいな美しい国に生まれ変わるでしょう」
美しい国どころか、災害だらけでどんどん汚物のような国に落ちぶれている気がするのは気のせいかしらん……。
「それは是非とも楽しみにしておきますわ。自称平和宗教なみの胡散臭さですけど、フフ」
「まぁ、まだ覚醒してない人に言ってもしょうがないかな。それよりも、あの……その、あのあの」
「? 何かしら」
「あ、あの。良ければFakeBookのフォロワーになってもらえませんか」
「ええ、かまいませんわよ」
二つ返事で了承を得ると吾輩を床へと放り出し、スマホを取り出してなにやらやり取りを始めている。ふーむ、課題プログラムのことはすっかり忘れているようであるな。
「へへ、やったあ」
「宜しくお願いしますわね」
「こちらこそ♪」
おーい、名も無き主よ。何か忘れてはおらんかな。
吾輩は今朝と同じように肉球でかろく主の脹脛あたりをツンツン押してみる。
すると、吾輩の顔を見てやっと思い出したのであろうか、涎を垂らしそうなまでに緩んでいた顔が、一気に血の気を引いて青ざめてきた。
「いけない、急がないとプログラムが……」
あわててノートパソコンのある場所へ戻ろうとする名も無き主を如月と呼ばれる美女が呼び止めてきた。
「ねぇ、さっき言ってた課題プログラムって在善教授のカルト爆散プログラムのことかしら」
「え、ええ。そうですけど」
「それだったら私が提出したプログラムを送って差し上げましょうか」
「えっ、本当ですか。でも、如月さんって三回生だから一昨年の課題ですよね」
「ええ、でも大丈夫ですわよ。カビの生えたノートで講義するって有名な方ですもの。課題もずっと昔からまったく同じ内容だから皆先輩達からもらったコピーを関数名だけ変えて提出していますわ」
「そ、そうだったんですか……。なんか盗大で教授をやっていたとか聞いたのにずいぶんと怠け者でござんすな」
ふむ、まさに救いの女神といった感じであるな。よかったのう、名も無き主よ。
「講義は何限目なのかしら」
「次の四限目です」
「そう、それじゃあ急がないといけませんわね。部室に帰ったらすぐにFakeメールで送りますから猫ちゃんと一緒に待っててくださいな」
「「はぁい♪」」
言い終わると、連れの女学生と一緒に玄関の方えと消えていった。
名も無き主はしばらく呆然と二人の後姿を眺めていたのであるが、完全に彼女達の姿が見えなくなると、再び吾輩を首根っこから摘み上げて少々興奮気味に語りかけてきた。
「お、オイ。見たかよマイケル。今のはなぁ、この学園でもトップクラスのモデル級美女として名高い如月姉妹(姉)だぞ。えぇ、どうしてくれるんだ」
見たも何も、慈悲深き谷間をじっくりと堪能させてもらったぞい。ついでに何をどうしてほしいのか理路整然と話すがよろし。
「まさかこんな所でお知り合いになれるなんて夢にも思わなかったぜ。いよいよ俺にも運が向いて来たってことだな、ひょっとしたら今日は運命の出会いの日ってヤツなのかもしれないなぁ。○△×~」
やれやれ、先ほどまで人生最大の厄日と罵った意識は一体どこへ飛んで行ってしまったのであろうか。
ほどなくして、約束していたとおりFakeメールで課題プログラムが送られてきた。名も無き主はさっそくパソコンへと取り込み編集を開始する。どうやら留年の危機は回避できそうだ、よかったのう主よ。
「オラッ、マイケル。僕は今取り込み中なんだ、大急ぎでプログラムを完成させなきゃならないんだからな。お前にかまっている暇はないんだ、アッチに行って女の子達と戯れてろ」
へいへい、お望みどおり、主の課題プログラムが完成するまでしばらく散歩でもして時間を潰すことにいたそう。おや、向こうにアニメ声の可愛い子が――。
“猫の気持ち 其の八” の続きを読む