猫の気持ち 其の八

吾輩はこの学園で講義を受けようと思う、名も無き主の運命を見届けるためだ。


心優しい吾輩は、主の様子を伺いに本部棟へと戻ってきた。中央のロビーまでやって来ると、名も無き主は以前と同じ場所にまだ居るようだ。
しかしながらちょっと様子がおかしい、膝の上でノートパソコンを広げて何やら一生懸命作業をしているように見える。
あちゃー、ついに友達は捕まえられなんだか。まさか、今から課題のプログラムを作り直そうという魂胆であろうか。これは留年確定かもしれないのう、下手に近づくと八つ当たりされそうなので、ちょっと離れた所から見守ることにしよう。
しばらく名も無き主の様子を見守っていると、突然、吾輩の目の前に一人の女性の姿が現れた。
何となく見上げた瞬間バッチリ目が合ってしまった。そこには、ウェーブの掛かった茶褐色の長髪に少しあどけなさの残る端整な顔立ち、そして左の目尻にある泣き黒子がまたチャーミングで愛らしい美女が佇んでいる。エ・ロースの真髄を味わい尽くし、もはやアイドルのパンチラごときでは眉一つ動かさぬ吾輩を金縛りのように釘付けにしてしまうこの女人はいったい何者ぞ……。
しばらくジッと見詰め合っていると、ニッコリと女神のような笑みで語りかけて来た。
「あら、こんなところに可愛い猫ちゃんが」
「あ、はい。満毒斎でござるデスデスデス」
吾輩は何者かの意思に後押しされるように自然と彼女の足元へと導かれる。そして、尻尾をピンと立ち上げ、二本の足の間を八の字を描くように交互に移動する。これは猫又流の友愛を示す所作である。別にパンツを覗こうとしているわけではないぞ。
「あらあら、お腹でも空いているのかしら」
吾輩は足元からすくい上げられ、謎の美女と正面から向き合う。間近で見るとまたさらに美しい。古今東西において真に美しいものは自然体であるときが最も輝いて見えるもので無用な飾り付けなど一切必要ない、何でもかんでも眼鏡を掛ければ良いというわけではにゃいのだ。
さらに吾輩の眼前には史上最大級とも言うべき巨大な島宇宙が二つ渦巻いている。ブラウスの隙間から覗き見えるこの神秘的な谷間を黙って見ておるだけで良いのであろうか。
否、真理探究者としてやるべきことは一つしかないであろう。
「いざ行かん、神秘なる谷間の深淵へ! とうっ」
吾輩は女神の両腕を離れ、ブラウスの中へと潜り込んでゆく。
「あらあら、おませさんな猫ですねぇ(笑)」
「ヤダー、何この猫キンモー。ヤバイって如月さん、変なバイ菌移されちゃうわよ、さっさと引きずり出して窓から投げ捨てちゃいなさいよ」
何やら同級生らしき連れの学生が罵詈を浴びせて来ておる。まったくもって不敬な輩であるな、吾輩を何と心得ているのであろうか。教育機関の最高学府に属する知性とは到底思えぬ、どうせ裏口入学であろう。
吾輩は、肉球を聴診器のように彼女の体へと押し当てて、各部位の健康診断を開始する。うむ、実に見事な健康体であるな、病気や疾患の類は一切見当たらない。そして、この膨よかながら張りのある筋肉。これはきっと何かしらの武道を嗜んでいるに相違ない、しかもかなりの腕前とみた。さらに微かに漂う石鹸のかほり――ウン、たまらんにゃあ。