猫の気持ち 其の七

 吾輩は学園へ潜入している。名も無き主と一緒に敷地内を散策しておるところだ。

 駅の改札を出て、一本道の桜並木を二、三分ほども歩けばすぐに高原峰学園の正門へとたどり着くことができる。
 吾輩は最近になってからこの地へとやって来たよそ者であるから、この学園のことはほとんど知らない。
 正門を通り抜けると、右手側に全面ガラス張りの建物がポツンと建っている。
「あれが本部棟だぞマイケル」
 不慣れな吾輩のために案内をしながらのっしのっしと進んで行く名も無き主。一人ぼっちのときには猫でも丁重にあつかってくれるようだ。
 それにしても無駄にだだっ広い学園であるな。他にも校舎らしき建物はいっぱい見えるのであるが随分と離れた場所に点在している。決して猫になったから離れているように感じる錯覚ではないであろう、中には雑木林の中に半分埋もれてしまっている建物もある。生徒達は講義室への移動が大変であろうな。
 どの辺りから探索してみようかと沈思しておるあいだに本部棟へ到着したようで、再び空調の効いた広い空間の中へと引き連れられたのであるが、吾輩は主のリュックから頭だけを出した状態で身動きがとれないままである。せっかく訪れた学園を自由に散策させてもらうには、まだしばらくの間ジッとしておく必要がありそうだ。
 名も無き主は無言のまま、ズンズン本部棟の奥へ奥へと進んでいく。
 どうやら行く先は決まっているようであるがはてさて、いったい何処へ行くつもりかな。
 玄関を抜けた先の大広間をそのまま通り抜け、今度は薄暗い照明がついた廊下を進み始める。しばらくすると、両側の壁に貼り紙がいっぱい付けられたボード群が現れる。
 なるほど、掲示板を見に来たのであろう。ふと足を止めたかと思うと何か探し始めたようである。
「チッ、やっぱり休講じゃないや」
 残念。希望的観測も見事に砕け散ったようであるな。さぁ、大広間へでも戻ろうか。
 大広間へ戻ると、学生達がのんびりと昼の休憩を取っているが混雑はしていないようで、席はたっぷりと空いているようだ。中央付近の大型テレビが良く見える席を見つけると、ドカッと腰を下ろし背もたれへ寄り掛かってきた。
「あやや、ちょっとまたれよ名も無き主よ」
 吾輩が抗議の声を上げてからやっと気が付いたようで、あわてて前へかがみ直すとリュックを背中から降ろして隣の席へと放り出す。
「おっといけね。マイケルが入ってたんだったな」
 危ないあぶない、あやうくスクラップにされるところであった。気を付けてほしいものであるが、今はそれどころでは無いと言った様子で、すぐさまポケットからスマートフォンを取り出し操作を始める。
 さて、どうしたものかのう。スマホをイジっている主を観察していてもしょうがないであろうし、そろそろ自己解放運動を開始しても良い頃合であるかな。開放♪ 開放♪
「んー、どうしたんだマイケル。そんなにソワソワして。毛でも疼くのかい」
「まぁな。そろそろ学園内を探索してみたいのでリュックから出しておくれやすぅ」
 吾輩がまた一声上げて訴えると、リュックのジッパーを広げて出やすいようにしてくれた。
「ウチの学園は無駄に敷地だけは広いからな。女の子ばかり追っかけ回して迷子になるんじゃないぞ、マイケル」
「あいよ、ガッテン承知の助でござる」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です