猫の気持ち 其の六

 吾輩は電車に乗っている。円天舞う空の中を主と一緒にのんびりと旅をしているところだ。

「どうだぁマイケル。これが電車って乗物なんだぞ、スゴイだろ」
 ふむ、小学生ではあるまいし、何がスゴイのかもう少し具体的な説明がほしいものだのう、吾輩はエスパーではないのでな。ついでに言えば、お主が土を掘り起こして線路を引いたわけでもあるまいに、自分で拵えたかのごとく振舞う理由も教えて欲しいところだ。
 こんな呆け経に洗脳されてしまったような主でも主には違いないので、ちょいと尻尾をゆらゆら揺らして敬愛の意を表現してみることにした。
 すると満足してくれたのであろう、お多福のやうな満面の笑みを浮かべるとズボンのポケットからスマホを取り出していじり始めた。
 おそらくは課題のプログラムをコピーさせてもらうために同級生と連絡を取っているのであろう。学園へ到着するまでにはまだ時間がある、吾輩は主の横で丸っこくなりながら終点に着くまで一眠りしようかと思っていたときである。
「あぁ、ふざけんなよぉ」だとか「ちーがーうーだーろー」とか「○△×~」と裏声でヒトモドキのような笑い声を上げると、スマホの向こうに居るらしい見えない敵と戦い始めてしまったではないか。これはちょっと煽て過ぎてしまったかのう、変なスイッチを入れてしまったかもしれにゃい。
 しかしながら、観察しているぶんにはなかなか愉快なので、このまま生暖かい目で見守ることにしよう。


 電車は丘の上にある学園へと向けて螺旋状に旋毛を巻きながら進んで行く。
 ほとんど学生しか使わないので、四両編成のこじんまりとした列車となっている。電動化されてはいるものの、車内は全席向かい合わせのボックスシートで昔ながらの雰囲気がそのまま残っているせいか、一見すると何処かへ旅行にでも行くかのように思われそうだ。
 途中に三つほど停車駅があるのだが、二つ目の停車駅で一人の中年男性が乗り込んできた。肩掛け式の大きな荷物袋を抱えており、動き出した電車に煽られながらフラフラとこちらに向かって歩いて来る。
 午後の時間帯と言うこともあってほとんど空席だらけなのであるが、吾輩と主が座っている席の横でピタリと動きが止まった。
「おとなりよろしいですかね」
 名も無き主はスマホから目を放し、声のする方へと振りかえる。
「た、立鼻先生!」
 どうやらお知り合いのようであるが、返事を待たずして了解したかのごとく荷物袋をドサリと向かい座席に放り出すと、通路側の席にポスリと座り込んだ。
「大きな荷物ですね。今帰って来たんですか」
「ええ、今しがた那恋の温泉旅行から帰ってきたところです」
 ようやく肩の荷が降りたと言った感じで安堵の息を吐きながら答える。主より一回り小柄な男性であるが、中年の割にはそれほど腹は出ておらず端整な印象を受ける。そして、こちらもまた探偵じみた金縁の眼鏡をかけておる。
「ずいぶんと長い逗留でしたね」
「濃縮蜂蜜みたいな作品ですからねぇ。なかなかに骨が折れますよ」
「いっそのことそのまま住み着いてしまえばよかったんでは?」
冗談ではない」    マタコサーン
 この立鼻と言う男性は、主の通う学園において芸術の科目を担当しておるらしい。何やら絵を描くことを生業としているらしく、いわゆる美学者と呼ばれる人種なのであるが、この美学者と呼ばれる輩はどうも一癖ある者が多い。
 吾輩の先輩もさんざん手を焼かされたものであるが、この美学者と呼ばれる凶悪な人種は、自ら焼き上げた壷を「出来損ないだー!」と叫びながら床へ叩きつけて破壊してみたり。料亭でタダ飯を食べておきながら、アレやコレやと難癖を付けて批評してみたりと、およそ凡人には理解不能であろう奇行を繰り出すのが一大特徴である。もしも出会う機会があったなら存分に注意した方が良いであろう。尤も、芸術の道を極めるためにはこれくらいの狂気が必要と言うことなのかもしれないにゃ。
「しばらくご無沙汰でしたが、そちらの方はどんな感じですか」
 金ピカの眼鏡を輝かせながら、今度は立鼻先生が問い返す。何となく探偵に尋問されているような気分になるのは気のせいかしらん。
「え、ええ。絶好調ですよ。今日も円天と株で一稼ぎしてきたところです」     ププッ
「それはよかったですねw」
「あ、そうだ。先生にちょいとお願いがあるんですが」
「何です?」
 リュックの中をしばらくまさぐると、一尺ほどの金色の像を立鼻先生へと手渡す。
「そいつを鑑定してもらえませんか」
 立鼻先生。金色の像を眼前まで持ち上げると、眼鏡の奥で探偵じみた審美眼を輝かせ直ちに鑑定へと入る。
「いかがでござんしょ。近所の骨董屋で見つけた掘り出しモノなんですが」
「う~ん、ずいぶん安っぽいマリア像ですね。地金が透けて見えちゃってますよ」
「先生が変なスイッチを入れるからでしょ(笑)」
 しばらくの間クルクルと像を回して見たり、台座の裏を確認してみたりと、熱心に鑑定作業を続けていた立鼻先生であるが、三十秒ほどであっさり終了すると、再び像を主の方へ差し戻した。
「まぁ、家に飾っておく分には問題ないんじゃないでしょうかね」
「そうか、無念。カトリックの彼女にプレゼントしようと思ったんだけど」
「速攻でゴミ箱行きでしょうなw」
 目利きに自信があったのであろうか、名も無き主は思いのほかションボリと落ち込んでしまった様子である。


 電車はそんな二人のやり取りを意に介することなく、黙々と目的地へと向かって突き進んでゆく。主の家を出たときには遥か上空へ見上げるようにそびえ立っていた雑居ビル群も、今や眼下へと拡がるミニチュア模型のようだ。
「いやあ、やっぱり田舎の電車はのんびりとしていて落ち着きますね」
 窓の外を眺めていた立鼻先生が誰に言うでもなく、独り言のようにポツリと呟く。
「まったくですね、都会の電車なんて最悪ですよ。客なんて畜生と等しき扱いですからね、すぐに混雑して鮨詰め状態になるし窓すら開きませんから。いや、実際はちょっとばかし開くようになってるんですがね、むやみやたらと勝手に開けようものなら周りから白い目で見られて大変なことになります」
 口ではこう言うものの、名も無き主はまだ歳が若いせいか、週末になると満員電車に乗って夏葉原へと向かい、おびただしい数の人々が溢れる歩行者天国を一日中歩き回っても存外平気な顔をしているタイプだ。集団の中に埋もれているとなんとなく安心できるものである。
「都会の息苦しさを反映しているものと思われ」
「・・・・・・最近生え際がヤバくなってますね」
「髪に見放されたんでしょうw」
 この立鼻先生は、あまり都会の雑踏が好きではないようで、先ほどから興味無さげな感じで外を眺めたまま、かろく受け答えするばかりである。
「それにしても今日は暑いですね、窓開けてもよござんすか」
「どうぞ」
 立鼻先生に了承を得ると、窓際に座る主が席を立ち窓を空けにとりかかる。上下二分割のスライド式なのであるが、この車両に採用されている窓はちょっと面白い。主が両脇に付いている摘みを持って下側の窓枠を持ち上げると、それに連動して上側の窓枠もスルスル降りてくるではないか、こうして上下に三寸ほどのスリットが出来上がった。なかなか良く出来たカラクリ窓である。
 まだ強めの日差しと今一つ効きが弱い空調機のおかげであろうか、草木の臭いが染み込んだ心地よい風が車内へと流れ込んできた。
「う~ん、心地よい風ですね、一曲歌いたい気分になってきます」
「お題目は?」
隠し子と恋に堕ちるプリンス
「際どいネタですなw」
 そしてお風呂場で上機嫌になったおっさんの如く、立鼻先生が鼻歌を披露しはじめた。
「天に~唾する~愚か者~♪」
「落ちる~ナイフに~昇竜拳♪」
 替え歌かどうかは知らないが随分とのんびりとした唄であるな、吾輩もついつい尻尾を振って音頭を取ってしまう。