猫の気持ち 其の五

吾輩は食後の散歩をしておる。新しく出会った町を探索中である。

 十分ほど主人の背中から町の様子を観察しておるところであるが、異国の地まで移動したワケではなさそうだ。見覚えのある建物はまだ見当たらないが、人々の様子や話し言葉からしてそう遠くまでは来ておらぬであろう。まずは一安心だ。
 町の景色が後ろから前へと流れてゆく。住宅街を抜けたのであろう、飲食店やスーパーが増えて人の数が多くなってきた。
 またしばらく観察を続けていると踏み切りの音が聞こえてきた。駅が近いようであるな、電車か駅名が見えれば現在地を探るヒントになるのであろうが、主人のリュックに潜り込んで背中合わせに向いているので今のところ音しか聞こえない。
 電車が通り過ぎて踏切が開く。踏切を渡るついでに駅のホームが見えたので駅名を確認しようかと思ったがまだ遠い、しかしながらちょっと見覚えのあるような気がするホームだ。意外と近いぞこれは。
 主人が進行方向を変えた。駅の改札へと向かっているのであろう、ここで何処から沸いて来たのかは分からぬが一気の人の数が増えてきだした。学生が多い町のようであるな、それっぽい服装の若人に甘い香りが流れるお菓子屋さんと喫茶店だらけになった。
 いよいよ改札へ向かうかと思いきや。主よ何をおもったのか駅前を通り過ぎてしまう。
 しかし、ここで駅の看板を確認することが出来た。『園原駅』とある。なるほど、吾輩の自宅の最寄り駅から二駅の近所であった、まあそんなものであろうな。
 さてさて、主よ一体全体何処へ向かうつもりであろうか。しばらくジッとしていると、とある喫茶店の前で立ち止まった。
「お前はカリカリを食べてご満悦だろうけど僕は朝からまだ何も食べていないんだ。今度は僕がご飯を食べさせてもらうよ」
 そう呟くと、リュックを下げてから吾輩を抱き上げ、地面へと降ろしてくれた。
「猫のお前には分からないだろうけど、この店でブリテンサンドを食い散らかしながらスマホをイジるのが最近のトレンドなのさ」
 ふむ、新興宗教の儀式か何かかのう、犬や猿でも分からぬと思うが。ついでに言えばズボンのチャックが全開になっておるようじゃがコレも儀式の一環であろうか。
「さ、ココはペット入店禁止なんだ。アッチの公園で散歩でもしておいで、あとで迎えに行ってやるから」
 チャックが開いているのを教える暇もなく追い払われてしまった。主は再びリュックを抱えると踵を返し、店の中へと入ってゆく。
 うむ仕方がない。言われたとおりちょっと散歩でもすることにいたそう。
 吾輩もくるりと身を返し、歩道を渡って公園へと向かう。
 駅前広場といった感じの公園はそれほど広くはないものの、ここも外縁に沿って遊歩道がある。ご飯を食べるとなると二・三〇分は掛かるであろうから、ゆっくりと散歩することにしよう。
 まだ少し強めの日光を浴びながらのっしのっしと歩いていると、何やら猫影らしきものが二つ見えてきた。これだけ天気が良いと散歩したくなるのが猫の性と言うものなのであろうな。
 少しずつ間が詰まってゆく、五・六間ほど近づいたところでふと気が付いた。どうも、見覚えがある。あのデップリした体格とギラギラした体毛は・・・・・・間違いない、アランとポルポト君のようだ。
 さて、どうしたものかのう。とりあえず今は用事もないので、ちょっと足を止め景色を眺めるフリをしてやり過ごすことにした。
 しばらく時間を潰してからもうよかろうと前に向き直ると、おやどうしたことか。アラン君とポルポト君、先程と同じ五・六間先で座り込んだまま何やら話し込んでいる。どうやら吾輩が来るのを待っているようだ。ヤレヤレだぜ。
 仕方が無いのでそのままズンズン進むことにして、たったいま気付いた風を装って話しかけてみる。
「おや、そこにおられるのはひょっとしてポルポト君ではありますまいかな」
「おやや、これは満毒斉君じゃありませんか。いやはや、こんな所でバッタリ出くわすとは奇遇ですな。ひょっとしたら天の導きなんてのもあるのかもしれないね。ヘアッハッハッハ」
 (ホントかよ胡散臭ぇなw)
「ヌコヌコ団の活動状況はどうでヤンスか。一週間ほど姿が見えなかったんで心配したでヤンスよ」
「ヌコヌコ団? 一週間?」
「おや、先週の集会で入団を承諾したじゃないかね。ハッハッハッハ」
 ああ、そう言うことか。どうやら異世界転生した衝撃で時空連続体に歪みが生じておるようじゃな。なに大したことは無い、お月様がデススターに変わっていたくらいの誤差だ、じきに収束するだろう。
「ボチボチと言ったところですな。完璧なまでには具現化出来なかったでござるが」
「それなら良かった。満毒斉君の活躍には期待しているからね、是非とも精進してくれたまえよ。ハッハッハッハ」
「おや、薄汚い野良猫どもがおるのぅ」
 仕方が無いので世間話でもして時間を潰そうかと考えていたところ今度は見知らぬ猫が一匹現れた。何処でも見かけるような茶トラ柄であるが、一風変わった出で立ちで、首には百円ショップで見かける程度の数珠がぶら下がっている。
「はて、どちら様でヤンスかね」
「ほぅ、世界に名だたる公明学会を知らぬと見えるな無知どもよぉ」
「「「なんだ、創価おじさんか」」」
「はて、コイツは珍しい拵えですな。ひょっとして独仙君のお知り会いかね。ハッハッハッハ」
「ドクセン? 知らぬなそのような者は。崇高な高僧たる学会員は薄汚い野良などとはつるまぬものだ」
「でも貧乏人は利用したいでヤンスかw」
「さもしい仏でござるな」
「なにが創価はタブーやねん。アホちゃうんかホンマに」
 うむむ、この背後から忍び寄るような声は。
「やあ、にゃんドレック君。今日もお得意の成り済ましかい、ところで今日は何時から居たでござるか」
「いやぁ、ちょっと食後の運動がてら通りがかっただけでさあ。ホントでヤンスよ、フヒヒヒ」
「オ、おフランスは関係ないでヤンスよ。何言ってるでヤンスか」
「珍モツの艦隊ねぇ」
「え、冤罪でヤンスよ、失敬な。無礼だ! 無礼だ!」
「ほぅ、今度は口の汚い子鼠が沸いてきおったようだなぁ」
「誰が鼠やねん、メクラ坊主」
「維新志士顔負けの気迫でござるな」
「今の維新なんぞクソや。金で勲章買いあさっとるだけの犬作卿と変わらへん」
「ほぅ、庶民の王者たる犬作の神に唾を成すとは何を意味するか分かっておるのか餓鬼どもよぉ」
「オイオイ、おまエラ仏じゃなかったのかよw」
「おやおや、随分と不穏な平和宗教(笑)さんだね。ハッハッハッハ」
「身潰し戦争カルト珍一協会とベッタリやんけ」
「パンツにこびり付いたウンコスジみたいなもんでござるか」
「戦争を美化するなって何度言えば分かるのかねぇ。サル
「また焼かれたいのか?」
「サ~ルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサルサル猿とサ~ル」
「さ、サルサル千発でヤンス!」
「千発でも一万発でも殴り続けたまえ。ハッハッハッハ」
「戦争を美化するような輩に正義などない。いかなる理由であってもな」
「こんなカルト宗教王国が核武装してアジアの盟主になるとな? 正気の沙汰かねw」
「アメリカの監視が無くなったらまた暴走してやらかすだろうね。ハッハッハッハ」
「ふん、下らん妄想探偵ゴッコだな。せいぜいネットの隅で吠えておれば良いぞ負け犬どもよぉ」
「だから猫や言うとるやろがコピペ本尊
 もはや禅問答など無意味と判断したのであろうか。踵を返し歩き始める。
「おや、もうお帰りでヤンスか」
「サイゴーどんネタで茶番劇でも始めるのかね、ハッハッハッハ」
「また政府に都合が良いよう捏造するだろう」
「髭でも生えるんでヤンスかねw」
「もう全員金髪碧眼キャラでやればええんちゃうんか。分かりやすいように」
「ヘンリー・タカモリ・サイゴーなんかどうかね。ハッハッハッハ」
「なんかイケメンオーラが出てるでヤンスw」
 名前も言わぬ宗教猫さんはそのまま風のようにスルスルと歩き去っていった。
「およよ、お気に召さなかったのかな。ハッハッハッハ」
「シャッターがガラガラチーンって降りたんやろ」
「それにしてもけったいな輩だねぇ、ひょっとして満毒斎君のお知り合いかな?」
「知らんね。恩着せがましい同和チンピラなんぞ」
「おぅ、マイケェェ~ル。こんな所でガマ油売ってたのかw」
 今度は宗教猫が去って行った反対方向から野獣のような蛮声が飛んで来た。
「「「マイケェェ~ル?」」」
 皆一斉に首を回して振り返るものの吾輩以外は初対面であるからして、しばらくするとその視線は自然とコチラに集まって来る。香具師は何者であろうか。
「今ならハクション本尊とセットで八割引でござるよ」
「それって原価割れしとるんじゃないのかね。ハッハッハッハ」
「シャア獲得のためさ♪」
 名も無き主はガニ股ぎみに大股でのっすのっすと此方へ向かって歩いて来る。予測した通りであるが、ズボンのチャックはまだ全開のままだ。
「ひょっとして・・・・・・アレが君の御主人様かいw」
「さすがでヤンスなwww」
「猫は飼い主の方が似る言うしなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「草生え過ぎでござる」
 我々の眼前まで来ると、そのまま腰に両手を当てて仁王立ちの体でコチラを見下ろす。しかしまだチャックが全開になっているのに気付く気配はなさそうである。脳の何処かに障害でもあるのかしらん。
「おぅ、さっそくお仲間作って座談会(笑)か、なかなかやるじゃねーか。俺にも猫の言葉が理解出来れば参加してやっても良かったんだけどな。ガーハッハッハ」
「「「お前と話すことなんか何もねーよwサル」」」
 この名も無き主と言うのは、このように猫前や人前にでた途端、急に尊大な態度を取り始めることが多々あるのだが、おそらくは何とかして主としての風格を出したい! と言った具合の幼稚な願望がこのやうな態度へと表れておるのだろう。
「いやはや、何とも愉快な御主人様じゃないかね。ハッハッハッハ」
「今度の集会が楽しみでヤンスなw」
「愉快な旅はまだまだ続きそうやw」
「うむ、期待に答えられるよう善処するでござるw」
「おぅ、マイケル。そろそろ行くぞ、今日は急いでるからな、特別に俺様のリュックで運んでやるぜ」
 言い終わると同時に吾輩の目の前にリュックが下りて来た。吾輩が家を出た時と同じように中へ潜り込み定位置へ付いたことを確認すると、名も無き主は再びゆっくりと背負い始める。
「これから何処かへお出掛けでヤンスか?」
「うむ、主と一緒に学園に行って来るでござる。女学生のレベルをチェックしておきたいのでな」
「相変わらず研究熱心だね(笑)」
「ミイラ取りがミイラにならねーようにな♪」
「うむ、諸君らも精進してな。創価学会Mk-IIにならないことを祈っておるよ」
 眼下にある三匹の風景がズンズン遠ざかってゆく。電車の発車時刻が近いのであろうか、大分早歩きである。

 こうして吾輩は秘密の花園へと旅立つのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です