猫の気持ち 其の五

吾輩は食後の散歩をしておる。新しく出会った町を探索中である。

 十分ほど主人の背中から町の様子を観察しておるところであるが、異国の地まで移動したワケではなさそうだ。見覚えのある建物はまだ見当たらないが、人々の様子や話し言葉からしてそう遠くまでは来ておらぬであろう。まずは一安心だ。
 町の景色が後ろから前へと流れてゆく。住宅街を抜けたのであろう、飲食店やスーパーが増えて人の数が多くなってきた。
 またしばらく観察を続けていると踏み切りの音が聞こえてきた。駅が近いようであるな、電車か駅名が見えれば現在地を探るヒントになるのであろうが、主人のリュックに潜り込んで背中合わせに向いているので今のところ音しか聞こえない。
 電車が通り過ぎて踏切が開く。踏切を渡るついでに駅のホームが見えたので駅名を確認しようかと思ったがまだ遠い、しかしながらちょっと見覚えのあるような気がするホームだ。意外と近いぞこれは。
 主人が進行方向を変えた。駅の改札へと向かっているのであろう、ここで何処から沸いて来たのかは分からぬが一気の人の数が増えてきだした。学生が多い町のようであるな、それっぽい服装の若人に甘い香りが流れるお菓子屋さんと喫茶店だらけになった。
 いよいよ改札へ向かうかと思いきや。主よ何をおもったのか駅前を通り過ぎてしまう。
 しかし、ここで駅の看板を確認することが出来た。『園原駅』とある。なるほど、吾輩の自宅の最寄り駅から二駅の近所であった、まあそんなものであろうな。
 さてさて、主よ一体全体何処へ向かうつもりであろうか。しばらくジッとしていると、とある喫茶店の前で立ち止まった。
「お前はカリカリを食べてご満悦だろうけど僕は朝からまだ何も食べていないんだ。今度は僕がご飯を食べさせてもらうよ」
 そう呟くと、リュックを下げてから吾輩を抱き上げ、地面へと降ろしてくれた。
「猫のお前には分からないだろうけど、この店でブリテンサンドを食い散らかしながらスマホをイジるのが最近のトレンドなのさ」
 ふむ、新興宗教の儀式か何かかのう、犬や猿でも分からぬと思うが。ついでに言えばズボンのチャックが全開になっておるようじゃがコレも儀式の一環であろうか。
「さ、ココはペット入店禁止なんだ。アッチの公園で散歩でもしておいで、あとで迎えに行ってやるから」
 チャックが開いているのを教える暇もなく追い払われてしまった。主は再びリュックを抱えると踵を返し、店の中へと入ってゆく。
 うむ仕方がない。言われたとおりちょっと散歩でもすることにいたそう。

猫の気持ち 其の四

吾輩は御飯を食べている。丁度遅めの朝ごはんにありついたところだ。
 
 新しい世界で、ほど良い歯ごたえのある猫専用ドライフードを食べている。味付けも猫用なので胸焼けをせずに済みそうだ。
 餌の方は予想外に上物みたいで、新鮮な牛肉の風味が食欲をそそり立ててくる。猫となってしまった今では主人に話しかけてみたところで会話を成立させるのは難しいと思われるので、カリカリ音を立てて喜びの気持ちを表現してみたのであるが、名も無き主人は気にする様子もなく、ずっとパソコンと睨めっこをしておる。
 先ほどまで慌しく作業をしておったがどうやら一段落したらしい。それなら吾輩の蠱惑的な姿態を愛でるくらいの心遣いはあってもよいものであるが、エレキ仕掛けの電脳空間が気になって仕方がないようである。
 オタクと言う生物は皆このようにカーテンを閉め切った薄暗い部屋でモジモジしているのが好きなのであろうか。実に不健康であるな、よろしい。吾輩が食後の運動がてらちょっと遊んであげることに致そう。
 一息に残りのカリカリを始末してから、名も無き主に気付かれぬようそっと忍び寄る。
 フフフ、カリカリの音が途絶えたことにも気付かぬ我が主はじっとモニター画面を見つめたままである。よほど作業に集中しているようであるな。
 さてさて、何をしておるのかな。先ほど吾輩が探索したのとは別の方のモニターを盗み見てみると、どうやらプログラム言語をいじっているようである。
 吾輩は再びヒョイと音を立てぬよう静かに机へと飛び上がる。
 名も無き主は、吾輩が近づいて来たことにまだ気が付いておらぬようで、液晶モニターの一点を食い入るように見つめたままである。
 やはり思った通りであるな。オタクと言う種族は何か物事に集中し始めると周りが見えなくなるようで、もはや吾輩が視界の隅に入っておるであろうに一向気付く気配がない。よし、これならイケるぞ。
 吾輩は堂々と視界の隅から一緒にモニターを眺め、プログラムの内容を確認してゆく。
 フムフム、内容としてはHello worldに毛が生えたようなモノであるが、しかしまぁ継ぎ接ぎコピペだらけの醜いスパゲッティコードで、エレガントさの欠片もにゃい。しかも、初歩的なミスまで犯しているようで、『メイン関数が見つからない!』と怒られておる。
 よろしい。これも何かの縁だ、吾輩が一つ手解きをしてやることにしよう。聡明な諸君なら言わずとも分かってもらえると思うが、この手のガラクタコードは下手にイジり回すより一旦全部ぶち壊してゼロから作り直した方が結果的に早いのだ。
 えーと、確かF4キーであったな。
 吾輩は気付かれぬよう、前足をそっととある釦の上へと持って行き、肉球が軽く触れた状態でスタンバイする。
 あとは重力の導きに従いかろく圧力を加えるだけで、名も無き主人のコピペの結晶を無に帰すことができるのだ。
 いや、解っておる。モジャケバブ神の大きなエラにかけて誓おう、この主人には何の罪も無い。しかし、吾輩の前足は無慈悲にも何かに導かれるよう圧力を強めてゆく。
「おそらくはこれこそが、天の采配と言うものなのであろうな。アーメン」