猫の気持ち 其の九


「どうしたんだい満毒斎君。生きた猫と死んだ猫が重なったような顔をして」
「そいつはまた珍妙な比喩表現だねぇ、ウンコ味のカレーみたいな」
「おやめなさいな食事中に、お下品ですこと」
「まったくだよ。銀河公文書にウンコなんて書いたのは君が初めてだぜ? 恥を知りたまえ」
「わたくしの言ったこと聞いてらして?」
「それならそれで光栄だけどね。いやなに、ちょっと料理で気になることがあってね」
「何だい? 何でも聞いてくれたまえよ。水臭いなぁ。君と僕の中じゃないか、今宵は無礼講だよ、愚弄張るに語らおうじゃないか。ささ、こっちのフィッシュあんどチープスでも摘みながらどうだい。いっちょ噛みくらいしか残ってないけどね」
 殆どジャガイモだらけになってしまった塊を顎先で指しながら勧められる。
 吾輩は残飯処理係ではないのだが。
「塩辛いのは好みじゃないね、小皺が増えるよ。あと色毛がない」
「確かに、だいぶ喉が渇くねコレは。それで、聞きたいってのは何だい」
「この料理のことでござるが、コレだけのモノをただネコが好きだからって拵えるのはちょっと不自然に感じるね。」
「ほう、なかなか感がするどいね」
 当てて見よという意思表示であろう。ポルポト君の口元に笑みが表れる。もちろん、猫の場合は人間ほど顔の筋肉が発達してはおらぬので、猫同士でのみ感じとれる微かな変化である。
「猫用にしては味が濃すぎる。これは明らかに人猿用の味付けだね、とは言ってもお隣のレストランは定休日。となればお店で出した残りモノでもない」
「なるほど、良く気づいてくれたね」
 ポルポト君、大きく目を見開き、ファイナルアンサーを迫る勢いだ。
「となれば、この料理は一体何処から来たのかな?」
「あたいの家から持ってきたご馳走でしてよ」
 モデルのやうな笑みでローザちゃんファイナルアンサー。キャッビアが2・3粒口元にくっ付いたままなのがちょっと可愛い。
「おや、ずいぶんと豪勢だねぇ。お城にでも住んでるでござるか」
「ハッハッハッハ。お城なんてこの辺りには無いじゃないかね。レストランの隣に教会があるの気が付かなかったかい?」
「あー、サルト教会だっけ」
「そうそう、そこで今日はミサをやっているのさ。つまり――」
 そこまでくればもう謎は解けたも同然である。
「なるほど、そこで出される晩餐の残りと言うワケだね」
「そのとおり♪ レストランの店長が熱心な信者でね。勢い余って作り過ぎるもんだから、捨てるのももったいないってことで我々に献上するようになったんだよ」
 なるほど、どうりで週末なのに定休日になっているワケだ。
「アランちゃんはレストランに住み着いてるのよ」
「おぉ、そう言えばアラン君はどうしたんだい? 一向に戻って来る気配が無いようでござるが」
「ホホホホ、あの子は毎日たらふく食べてるんだからほっといてかまいませんことよ。どうせ今日も厨房で一人、コッソリとフォアグラに齧り付いてるに決まってますわ」
 やたら毛並みだけは良いと思ってはいたが、そう言うことであったか。
「フォアグラだよフォアグラ。君、食べたことあるかい? トチメンボーより上味だよ」
「ふむ。食べたことはござらんが、知識でなら有しておるよ。確か、鴨とかにトリュフなどをたらふく食べさせて肝硬変になったところを締め上げる珍味だったね」
「何だかメチャクチャだが大体あってるよ」
 吾輩の潤沢な知識に恐れおののいた様子で背を仰け反らせながら答える。
「やあやあ、今日の晩餐は楽しんでくれたかな?」
 噂をすれば何とやら、ギラギラと脂の乗った体毛を輝かせ、アランが疾風の如くこちらへ舞い戻ってきた。
「あら、おかえりアランちゃん。フォアグラは美味しかった?」
「な、何の話でゲスか? へへ……」
 舌をブーメランのやうに振り回し必死に口元を拭っている。コヤツもなかなかの舌技を持っているようで、このネコネコ団とやらは一癖ある者達の集まりらしい。そう言えば、とある文献で読んだことがあるのだが、西洋においては猫又化するさいに尻尾ではなく舌が裂ける種族がおるらしい。
 風に誘われるようにそっと空を見上げてみると、お月様の下で十字架を背負った教会の屋根が視界に入ってきた。何かに呼びかけられている気がして眺め続けていると、言霊のような鐘の音が鳴り始める。女神の福音を知らせながら時を刻み、淡い余韻を残しながら宇宙へと吸い込まれてゆく。マントルまでしみ入る良き音色だ。
「さて、全員そろったようだね」
「そろそろ始めるザマスわよ」
「ふんにゃ~」
浮世の勧工場に疲れはてた人猿達がその瞼を閉じ、静かな眠りについたあと、我々の活動が始まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です