猫の気持ち 其の六

 毛穴咲き 吾身を枷る 朧かな。

 一句詠み上げてから今宵の舞台へと進む。
 空き地の中央は雑草と地肌が半々といった具合で、雲の切れ間から覗き込む月明かりがスポットライトのやうに真中を照らしている。
 月明かりに導かれるように、二匹の猫が空き地中央へ悠然とした足取りで進んで行く。もちろん、これは猫的に優美なありさまを表現したもので、決して二足歩行でのっしのっしと歩いているわけではないぞ。
「あたいの名前はローザ、よろしくね」
 流暢ではあるが、どことなくこの国の猫とは違った独自の雰囲気がある。
「うむ、こちらこそ。ひょっとして異国の方かな?」
「ええ、ロシアから留学に来ていますの」
 なるほど道理で、ご近所の猫達とは毛並みが違うと思った。不思議な魅惑と愛嬌あふれる様を見ているだけで、あやうく今日の目的を見失ってしまいそうになる。
「やあやあ、お二人さん。お早いお着きですな」
 吾輩が来た方角と反対側、路地に接した入口から二匹の猫影が現れた。片方は小太りの三毛猫、もう片方は相方と対照的にゲッソリと痩せ細ったサバトラ柄で今にも朽果てそうな身体をフラフラと引きずって歩いている。薄っすらと開いた眼は閉じているのか開いているのか判然としない風体だ。
「初めまして、今宵は御相伴にあずからせてもらいます」
「こちらこそ、今夜は貴君のために精一杯のおもてなしをさせてもらうよ」
「そちらの御仁は」
 痩せ細ったサバトラ猫へ向き直り話しかけてみる。
「拙者か。なに、名乗るほどの者ではござらぬ」
「ハッハッハッハ、君。相変わらず旋毛曲がりだねぇ。なに、本人がこう言っているんだ、好きなように呼んで差し上げなさい。彼とは長い付き合いなんだがね、実を言うと私も本当の名は知らないんだ」
「さようでござるか」
 猫の世界もいろいろである、のっけから変わり者に出会ってしまった。独仙君とでも呼んであげようかしらん。
「おっといけない、自己紹介がまだだったね。小生の名前はちぃーとばかし長ったらしくてね。正式な名前は、ポルフィリオ・フェルナンド・ニコラエ・シェココビッチル・スティーヴィー・フラウムラ・ストラウス・フリードリヒ・バルスコフ・メイエル・アーリエネ・ポトギエフ三世」
「え、何ですと? ポルナレフ・フェルナンド……」
「いやいや、ポルフィリオ・フェルナンド・ニコラエ・シェココビッチル・スティーヴィー・フラウムラ・ストラウス・フリードリヒ・バルスコフ・メイエル・アーリエネ・ポトギエフ三世。まぁ覚えにくいだろうからね、ポルポトって呼んでくれるかな」
「ふむ、ポルポト君ね」
「ほんと、長ったらしい名前よねぇ。もう何回も聞かされたけどとても覚えきれないわ」
「ごもっともだがね、四文字まで短縮してあげれば誰にだって覚えやすく、伝えるのも容易だろう。莫迦にでも解りやすく伝える。これが天才の芸術というものだよ満毒斎君、足りぬ足りぬは工夫が足りぬ。日々の創意工夫こそが大事と言うことだね」
「なるほどねぇ、是非とも参考にさせてもらうことにするよ」
 この上から目線と意識高い系のモノ言いからして、どうやらこのポルポト君がネコネコ団とやらのリーダー核らしいな。何やら面白そうなのでしばらく観察させてもらおうか。
「おやおや、もうお揃いのようだね」
 吾輩が来たのと同じ方角。レストランの裏手からもう一匹現れた。白黒のブチ模様で艶やかな体毛は後光が差しているように見える。陽気な足取りでステップを刻みながら中央へ集結した輪の中へ切り込んで来たと思いきや、でんと真中へ陣取り吾輩へと向き直ると、何故かは知らぬがズイッとウィスカーパッドがくっ付き会いそうなくらい顔を迫り出して来た。
「やあ、ボクの名はアランチョーネ、人呼んで沈黙の料理人さ。フフフフ……」
 あまりにも顔が近すぎるせいか、お互いの鼻息で髭がプルプル揺れあう。それと同時に背中辺りの毛が逆立ってきた。本能的に何かを警戒する生体反応に思える、身の毛がよだつとはまさにこのことか。
「ホホホホ、人呼んでって。言ってるのはあなただけの自称でしょう」
 まったくもって、ローザの見解に同意せざるを得ない。沈黙と言いながら独仙君のやうな寡黙さは微塵も感じられないし、吾輩の視界を占領するこの自己顕示欲の強さは一体全体なんなのだろう。ついでに言えば、フフフフの後に続く真の意味を小一時間ほど問い詰めてやりたい気分なのであるが、吾輩は蛇に睨まれた蛙のように体が硬直してしまい声を発することさえままならぬ状況になってしまった。
「アラン、お楽しみは後に取って置いて、まずは晩餐の準備を始めてくれるかな」
「がってんだ。ちょいと待ちねぇ」
 フイと吾輩の視界から消えたと思ったら、またレストランの方へと駆け戻っていく。
 アランの後姿を眺めながら、さきほど両者が交わした行間を飛ばすような会話を咀嚼していると、何か暗黒面に包まれたドロドロとした不安が吾輩のこころの中にストンと落ちるのを感じた。鬱屈とした感情と疎外感が複雑に絡み合った言いようの無い畏怖の念が一筋の糸を垂らしながら吾輩のこころの中でどんどん膨らんでゆく。肝心なところが黒く塗り潰された売買契約書を眺めているような気分だ。
「さて、今日は何回で成功するのかしら」
 声と共にぼうっと眺めていただけの焦点を再び合わせてみると、その先にはレストランの勝手口に付いているドアノブ目掛けてアランがジャンプを繰り返している。勝手口をこじ開けようという算段だろうか。いまいちジャンプ力が足りないせいか、あと一息というところで手が掛からずにズリ落ちてしまう。猫にしては運動不足と言わざるを得ない。
「なに、今のはほんの準備運動さ、じゅ・ん・び・うん・どう」
 こちらへ何事か呟いたあと、再びドアノブを見据え身をもう一段低く構える。
 ゆっくりと息を吐きながら丹田に気を落とし、四肢に力を込めて鉤爪を地面に引っ掛けながらさらに踏ん張る。
 よし、もう一度。

「マックパワー!」


 裂帛の気合とともに重力の枷を振り切った身体が一気に跳躍を開始する。位置エネルギーが最大になった所でアランの顔とドアノブが水平に並び、ガチリと両の手でドアノブに取り付いた。そのまま振り子のように身体を揺らしドアノブをこじる、器用なものだ。
 しばらくその様子を眺めていると、ガチャリと音がして猫の重みでドアがコチラに向かって開き始めた。
 勝手口が半分ほど開いたところで、アランが身を翻しながら地面に着地したと思いきや、一目散にレストランの中へと飛び込んでいった。
 どうやら成功したようではある。とは言ったもののドアの向こうは真暗、今日は定休日なので明かりなど点いていないのは当たり前であるが、どうするつもりなのであろうか。中の冷蔵庫から何か取って来るつもりかしらん、さすがに業務用冷蔵庫を猫が開けるのは無理であろうし、勝手口に鍵が掛かっていないと言うのも気になるにゃあ。吾輩の頭の中でまたもや探偵の血が疼いて来た。
 皆で真暗な闇の中をしばらく見詰めていると、突如として巻き起こった旋風が空き地の雑草を撫で付けながらレストランの方へ進んで行くのが目に入った。
 これはマズいぞと思った次の瞬間には、地鳴りのような音と共に勝手口のドアが叩き付けられる。
「おや、閉じ込められちゃったねえ」
 返事をする者は無い。
 四匹の猫が勝手口を見据え続けるなか、空き地には秋の訪れを知らせる風と沈黙が流れ続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です