猫の気持ち 其の四


 それは蒸し暑い夏の日の午後であった。
 たまには精力を付けてやろうと思い立ち、奮発して近くのレストランにてロールキャベツと壷焼きを堪能したあと部屋に戻ってきた時のことである。
 はて、いつの間にやら机の上に一通の封書が置いてある。しかも、色が真っ黒なため、資料が散らばっている机の上においても嫌でも目に付く。
 吾輩は直ちに頭をフル回転させて探偵作業に入った。まず、誰がどうやって? 最近残暑が続いていたせいもあり、エアコンを点けっ放しにしているので窓を空けた記憶はないし、吾輩の住んでいる空間はアパートの6階である。ドアの鍵はと言うと、実は瞑想に耽りながら惰性で帰って来たために、部屋に入ってくる際に玄関の鍵を開けて入ったかどうかよく覚えていない。たぶん鍵の掛け忘れはないと思うのであるが、辺りをざっと見回してみたところ、金目のモノを物色された痕跡は残されていないようだ。一応オートロック式のアパートであるし、わざわざこんなイタズラをするためだけにダブルロックを解除してまで進入してくるとは思えない、はてさて、いきなり迷宮入りの様相である。
「ふぅんむ……」
 うん、とも、にゃーともならぬ声でしばしの間悩んでみたものの結論が出る訳もなく、とりあえず、目の前に鎮座しているこの気味悪い封書の解析に取り掛かってみることにする。
 デスクチェアに腰掛けて鼻先三寸の位置で観察を開始してみると、どうやら便箋封筒のやうだ。フラップを上に向けて置かれており、端の部分はエンボス加工でレース模様の飾付けがしてある。そして中央には真黒な本体とは対照的にハート型の真っ赤なシールで封印がしてあると言った具合だ。
 お次は重量測定。右手を伸ばし指先で角を摘み、そのまま眼前まで吊るし上げてみる。ほむ、定形郵便で送れる範囲内の重量だ、別段怪しいモノが入っている訳ではなさそうである。ついでにクルリと裏返して表を見て見るとコチラも真黒、宛名はおろか、住所も郵便番号も記入されていなひ。微かにラベンダーのかほりがするが、一体全体どうやって送り付けてきたのかとんと見当がつかぬ。
 最後はX線検査を試みる。カーテンを開け、部屋中を白く焼き尽くそうと飛び込んで来る太陽光にかざす。もう夏も終わろうとしているのにジリジリと身体を焼き付けられる感覚が蘇ってきた、そのまま眼力を奮い立たせて眼前へぶら下がった黒体へと収束させる。
 ふーむ、ポストカードらしきものが一枚入ってるのが認識できる、字までは読めない。暑さで集中力が鈍るやうだ。
 ものの数十秒の作業であったが、毛穴から汗が噴出してきたのでカーテンを閉めて封筒を元の通り机の上に置きなおした。
 汗が引くまで、しばし黒い異物との対峙が続くことになる。エアコンの風が火照った身体に吹きつけ窓の隣にある通気口から蝉の鳴く声が漏れ聞こえてきた。両者ともに無言のまま微かに聞こえてくる蝉の声に聞き入っているようだ。
 吾輩の頭の中は検査結果の検証に入っている、中はいたって普通のポストカードで、劇薬や危険物が仕込まれている可能性は低そうだ。魔術式が組み込まれてる様子も無いので呪いの手紙といった類でもない、いよいよ中身を確認する必要があるだろう。
 蝉の声が止んだのを合図に黒い封筒を手元に取りあげ、一息にハート型のシールを剥がしフラップを捲ってみた。中には白地基調のポストカードが一通。外周に金色の花模様があしらってあるが、全体としては控え目でごくごく平凡なメッセージカードである。書かれている文字は日本語で、数行程度の簡潔な文章のようだ。封筒から取り出し読み上げてみる。
「拝啓、満毒斎様。貴殿の恥的探究心と無限の行動力は敬服の至りに尽きます。――つきましては今週末のサバト集会にて御相伴致したく候。お目にかかれることを一同心待ちにしております――。敬具、親愛なるネコネコ団より」
 はて、コレは一体。何かの暗号文かしらん。コネコネ団なら解らなくも無いがネコネコ団とは初耳である。ふと、裏面を確認してみたところ。
「おや」
 思わず声がでてしまったが、それは唯一の突破口になる手掛かりを発見したからに他ならない。裏面には日時と場所だけが記載されていたわけだが、その場所というのが先ほど昼飯を食べたレストランの住所なのである。(厳密にはレストランの隣の空き地になるが)
「なるほど、丁度良いな」
 研究の成果をためす絶好の機会と判断した吾輩は、完璧な猫に擬態化してこの集会に参加するのを決意したのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です