猫の気持ち 其の二


 さて、さっそくであるが前回の続きをちょっと書いてみようと思う。
 なぜ猫であるかと言う噺であった。
 この惑星では猫以外にも愛玩用の家畜というのは多種に存在する。数ある愛玩動物の中から、現代に適した形で人間社会に潜伏し、その生態を観察する上でもっとも合理的にその目的を遂行できる家畜とはどのようなものであろうか。
 この惑星に降り立った吾輩はまず一の問題を解決するべく、多岐にわたる愛玩種族について徹底的に研究を行ったのである。
 ちなみに、木を隠すなら森の中という考えで人間に変装してしまえば良かろうと言う考えもあるし、実際にそうしている勢力もあるようだが、これはちょっとナンセンスだ。なぜなら、この惑星に住んでいるホモ・サピエンスと言う獰悪な生き物は、自らの同朋を奴族として扱おうとする暴戻な種族であることが数々の文献や歴史調査から明らかになっている。
 これら野卑で凶暴な連中を客観的に、且つ、正確に観測するためには人として接触してはイカんのである。無用な干渉を許せば正確性に欠ける、かと言って見なかったフリをすると性格に問題ある非人として非難されてしまう。非常に困難で厄介な社会活動を形成することになるであろうが、これでは吾輩の活動する世界において看過することの出来ない忌忌しき問題を将来にわたって発生させてしまう原因にもなる。
 したがって、ホモ・サピエンスに変装するという選択肢は真先に除外した。その本質と特性を余すことなく炙り出し、正確に記述するためには別のモノでなければならない。
 そこで、猫の登場である。
 そこに在るだけで主人を魅了し、わざわざ愛嬌を振り撒かずとも自然体で人間に接触することが出来る。そして事が起こったとあらば、猫なで声で一言「にゃあ」と鳴くだけで、「なんだ猫か」「猫だからしょうがない」と言った具合に全てを許される完璧な存在――、それが猫なのである。
 観測者としてもっとも理想的な存在であり、その他の家畜でこれを超えるものはまず存在しないであろう。
 当初は長期的な研究が必要になると思っていたが、結論は意外とアッサリ出てしまった。
 個体数調査で言えば、やはり小動物系が主力であるし、隠密行動を行う上で小動物の身軽さはとても相性が良い。その中でも、やはり猫と言う存在は別格であると吾輩は確信を持つに至ったのである。
 これ以外に道はにゃい! 結論に至った吾輩はさっそく猫に擬態するべく訓練を開始することにしたのであるが、当然の如く、そこには長く険しい試練が待ち受けていた。
 そのあたりのお噺は、また次回ゆっくり話していくことにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です