猫の気持ち 其の五


 今日も暗闇の中からそっと目蓋を開く。一瞬視界が真っ白になったあと、今度はぼんやりとした輪郭が現われて次第に鮮明になって行く。
 目の前にはベッドの上で安らかに眠り込んでいる舞子さんの姿があった。
「あれ、またでござるか」
 今日で何回目であろうか。舞子さんと一緒に暮らすようになって一週間ほどが経った。毎晩、寝るときは舞子さんに抱かれて一緒に布団の中に入るのであるが、気が付いてみると吾輩だけ外に放り出されているのである。
 一、二回程度なら偶然と言えなくもないのであるが、ほぼ毎日のことである。そして、まだぐっすりと眠られておる舞子さんを観察してみると、布団からはみ出した片足がだらしなくベッドの端からぶら下がっているではないか。
 ここまで証拠が揃っているのであれば認めるしかあるまい、舞子さんは寝相が悪いのだ。
 これから冬に向けて寒くなってくる前に解決しておかなければならない事案であるが、それはひとまず置いておくことにして、今は朝ごはんにありつきたい。舞子さんを夢の中から呼び戻して朝食を献上してもらうことにしよう。
 気を取りなおして舞子さんが寝ているベッドへと向かう。まずは現場検証を済ませておくのだ。
 ベッドの上へと飛び乗り、舞子さんの様子を確認しようとしたのであるが、この位置では布団がじゃまで全体の状態を確認することができないのう。
 何か代わりになる足場はないかと見回してみると、隣に据え付けてある化粧台が視界に入って来た。あそこなら十分な高さがあるので見分には持って来いである。
 さっそく化粧台の方へと移動し直して俯瞰してみると、そこには大の字になってベッドの上に横たわる舞子さんの姿があった。左足は膝から先がベッドからはみ出し、だらしなくぶら下がっており、めくれ上がった掛け布団はほとんど用をなしておらず反対側にずれ落ちそうになっている。
 おへそ丸出しのヘソ天状態で眠り続ける舞子姫、そのお腹は静かな寝息とともに僅かに上下運動を繰り返している。しかし、視線を移して寝顔の方に焦点を合わせてみると今度はまた別の画が見えてくる。
 口元は一文字に結ばれ、幽かな生の余韻すらあたえずに眠り続ける様はまさに眠れる森の美女。布団を挟んで上と下で別の生き物のようだ。
 これぞまさに二つの状態が一つの次元に調和して存在する非人情の場景と言うものだろう、舞子さんは存在自体が芸術なのである。
 さっそく視覚情報を心像化し、記憶空間への保存を試みる。なかなか良い画が撮れた、次の集会の時に皆で共有しながら議論してみることにしよう。
 さて、これで証拠の保存は終わったし、さっさと舞子さんを呼び起こすことにしようか。
 再び舞子さんの寝ているベッドへと移動し、健やかなる寝顔の方へと静かに移動する。
 いつ観ても美しい舞子さんの寝姿、全宇宙で一匹だけ、愛猫である吾輩だけの特権である。いつまでもこうして眺めていたいくらいなのであるが、名残惜しいかなそろそろお目覚めの時間である。
 さてさて、今日はモーニングキックのお返しに、ちょいと趣向を凝らしたモーニングコールをお見舞いしてあげることにしよう。
 白雪姫のお目覚めと言えば、宇宙最大の愛情表現である猫ペロン口撃で目蓋を捲り上げるのが定番なのであるが、これは大変な危険をともなう起こし方なので止めておいた方が良い。以前この方法で舞子さんを目覚めさせようとした時には、神速の裏拳で壁まで吹っ飛ばされてあやうく昇天するところであった。あぶない、あぶない、命がけの荒行になってしまうのでとてもお勧めはできないのである。
 と言うわけで、今日は比較的安全な尻尾くすぐり攻撃でのお目覚めと行こうか。では早速失礼して向きを反転、舞子さんの顔へお尻を向けて尻尾をすくりと立ち上げる。
 尻尾さえ掴まれないように注意していれば比較的に安全なはずである、まずは鼻先あたりを軽く擽ってあげることにしようかしらん。
「あら、おはようゴロちゃん」
「あれっ?」
 あわてて振り返ると、薄っすらと笑みを浮かべた舞子さんが吾輩のお尻を注視しておられる。これはちょっと恥ずかしいにゃあ、大失敗であった。
「どうせあんたのことだからまた私に悪戯しようとしてたんでしょう」
「め、めっそうもございやせん。舞子姫に向かってそんなはしたない真似など、朝のスキンシップでございますよ。はい」
「はいはい、朝ごはんでしょ。今準備してあげるから待っててね」
 するりとベッドから立ち上がり、台所へと向かう舞子さん。すんなりと起きてくれたのは良かったのであるが、どーも解せんなあ。吾輩が悪戯をしようとしているのに気が付いて寝たフリをしていたのであろうか? 勘が鋭いというか、不思議な感覚をもった御主人様である。
 さて、舞子さんのあとを追って台所へ行ってみると、ペット用のお皿に舞子さんが朝御飯を盛り付けている。今日の朝食は猫缶のようであるな、ここ一週間ほどずっと缶詰が続いているようであるがカリカリの方は切らしてしまっているのだろうか? まあよい、さっそく頂くことにしよう。
 吾輩が朝御飯を食べ始めたのを確認すると、舞子さんは台所から姿を消して着替えを始める。吾輩が朝食を食べ終えてリビングに戻ってくると、今度は入れ替わりで舞子さんが朝食の準備を始める番だ。
 出勤までにはたっぷりと時間があるので、晴れの日であれば朝日を浴びながらグルーミングを行い、のんびりと過ごすのが日課である。そして時間が着たら、基本的には吾輩も舞子さんと一緒に探偵事務所へと出勤する。
 今日も窓際でのんびりと過ごしていると、舞子さんがお出かけの準備を始めたようだ。そろそろ出勤時間であるな、吾輩も準備することにしよう。
 準備と言っても玄関口で舞子さんが支度を終えてやって来るのを待っているだけである。舞子さんが準備を終えて玄関へとやって来たら、吾輩はトートバッグと呼ばれる大きい鞄へと忍び込む。そしてそのまま自転車の前カゴへと放り込まれ一緒に出勤だ。
 吾輩が来る前までは、雨の日でも傘を差しながら自転車で出勤されていたようであるが、それだと吾輩がずぶ濡れになってしまうので、今は雨が降りそうな日は徒歩で出勤である。かなり余裕を持って出勤しているので家を出る時間は変わらない。

猫の気持ち 其の四


 ここはどこであろう? 周りは真っ暗で何も見えない。


 誰かおらぬか声を掛けようとしてもなぜか声は出ない。ただ、真っ暗な中にジッとしているのみである。
 うーむ、これは一体全体どうしたことか、吾輩は猫になって……。猫になってそれから、それからどうしたんだっけ。
 一旦落ち着いて、もう一度よく思い出してみよう。猫になってから異世界転生して、転生先の主がイマイチだったので家出して――、たしか今日は新しい飼い主を見つけるための旅に出たのであったな。
 その後は、紆余曲折を経て、何とか新しい主を見つけ出し、一緒にお風呂に入っておるところであった。
 そして、これからがお楽しみと言うところで気を失ってしまって……。
 まてよ、ちょっとイヤな予感がして来たぞい。この状況には覚えがある、例の集会の帰りにもうっかり公園の噴水に落ちて気を失ってしまい、目が覚めたら異世界転生していたのであった。
 そこまで思い出すと、急に不安になって来る。今回もまた、瞼を開くと見覚えのない世界が広がっていて、ロクでもないご主人様が現われて理不尽な恫喝をしてくるのではなかろうか。となれば、一刻も早く目を覚まして舞子さんを探さねばならない。
 しかし、時すでに遅しであったならばどうしよう。せっかく出会えた新しいご主人様と一夜も過ごすことなく、また見知らぬ世界へと転送されてしまうのではないか。
 そんなことを考えていると、いよいよ目を覚ますのが億劫になってくる。このまましばらく瞼を閉じてのんびりと無の世界を彷徨い、また見知らぬ異世界へと旅立つのか、それとも一刻も早く目を覚まして、舞子さんの待つ元の世界へと戻るべきであろうか。
 ええい、こうなったら覚悟を決めるしかあるまい。
 決め手となるのは意志力である。舞子さんの女神のようにやさしい笑顔を思い描きながら、カッと両の瞼を開く――南無三。

猫の気持ち 其の三

 吾輩はまた新しい根城へとやって来た。

 名も無き主の元をはなれ、新しい飼い主を探すために流浪の旅へと出たわけであるが、どうにかこうにか新しい主を見つけ出すことには成功した。ただし、新しい主の諸元については今回もほぼ不明である。これから一緒に生活していく過程で、少しずつ解明されてゆくのを期待したいところである。
 前回とは違って、今回は運よく仲介役の紹介にあずかることができたので、多少は楽をさせてもらった。しかし、全て条件通りとはいかなかったようで、この世とは、あらためて理不尽なものであることを痛感したしだいである。
 なにせ、この地球と言う惑星においては、ホモ・サピエンス族と呼ばれる非常に野蛮で素行が悪く、肉食を好む獰猛な種族が支配者として君臨してしまっているのだ。しかも、近年においては惑星の表面を覆いつくさんばかりに大繁殖してしまっているので、われわれ猫又族が大変難儀な思いをするのは当然と言えば当然であろう。
 何処へ行っても、あの傍若無人なホモ・サピエンス族が我が物顔で闊歩して歩いておられるわけであるから、吾輩は狭苦しい隅っこでコソコソしているより他に方法がない。
 ホモ・サピエンス族なるものは、猫を飼う時に、やれヨークシャテリアが良いだのスコテッシュホールドが良いと、色々な条件を付けたがるのに、我ら猫又族の方は主を選ぶことが出来ないと言うのはいささか不公平と言うべきではなかろうか。
 いっそのこと、飼い主を求めて飢えたお猫様達のために、猫好きのホモ・サピエンス族を集めてオークションでも開催してみたらいかがであろうかと提言してみる。
 そうすれば、今回のようにアチコチと動き回らずとも我ら猫又族がお猫様への忠誠心を吟味したうえで、お気に入りの飼い主を抽出することができる。これでこそ真の平等と言うものであろう。

「ゴロちゃーん、お風呂沸いたよ。キレイキレイしてあげるからこっちに来なさーい」
 新しい、猫族とホモ・サピエンス族との関係について思案していると、舞子さんからお呼びが掛かり吾にかえる。
 そう、ここは舞子さんが一人で暮らしておるアパートだ。典型的な単身者用の間取りで、お世辞にも広いとは言いがたいのであるが、生活空間をコンパクトにまとめるには丁度良い間取りのようだ。
「コッチだよ、おいでー」
 舞子さんに呼ばれるままに、後を付いて行く。今日はゲリラ豪雨の中を走り回ったおかげで全身泥だらけになってしまったからのう、お風呂で洗い流してもらうことに致そう。
「先に中に入って待っててね」
 台所がある部屋へ招かれると、さらに奥の扉を開けて中へ入るように催促される。ふむ、浴室のようであるな。
 さっそく中へ入って観察開始。ふーむ、浴槽はわりと大きめであるな、単身用なのでそれなりの広さであるが、体育座りしなければいけないほど狭くもない。正面の壁には大きめの鏡と洗面台が付いており、シャンプーなどの小物類が並べられている。
 その中には見たことも無い、何に使うのかも分からない謎の器具を発見した。こぶし大の大きな吸盤のようなものが無数に付いている。はて、これは一体全体なんじゃらほい。
 ガチャリと浴室の扉が閉まる音がする。振り返って見ると、そこには一糸纏わぬ舞子さんの姿がある。なるほど、舞子さんも一緒に沐浴を済ませる算段であるな、大変に合理的だ。
「さぁ、もう逃げられないわよ。覚悟しなさぁい」
 うん、元より逃げる気など毛頭ないのであるが、何やら不穏な言い回しであるなぁ。よからぬことでも企んでおるのではなかろうのう。先ほど見かけた謎の器具の件もあるし、油断は禁物だ。
 しばし警戒しながら様子をうかがっていると、舞子さんはそのまま流し台へと向かい、シャワーの蛇口をひねると温度を確かめながら吾輩の方へ目配せし、おいでおいでと手招きしてくる。
 ふむ、どうやら吾輩を先に洗ってくれるようであるな。
「猫さん用シャンプー無いから今日はあたしので我慢してねー」
 言い終わると同時にシャワー攻撃が始まった。ううん、ニンゲン用のシャンプーをそのまま使うのはちょいと臭いがきつ過ぎるので勘弁してほしいのであるが、抗議をする間もなく、デロンと首筋から背中にかけてピンク色の液体を掛けられてしまった。
 そのまま舞子さんの手で全身を撫でるように揉み洗いをしておると、あっと言う間に吾輩の体は泡の塊に包まれながら膨れ上がって行く。おお、これは存外に気持ちが良いでござるな。
 自分の体がメレンゲのように泡の塊へと変貌してゆく奇妙な感覚。これはひょっとすると病み付きになるかもしれない。
「あはは、ゴロちゃんおもしろーい。鼻からシャボン玉出てる(笑)」
 一番楽しんでいるのは舞子さん自身のようであるな。シャボンがお気に入りならいくらでも出してあげるぞい。あと、うん。ソコ、首の裏の所をもう少し掻いてもらえると助かるにゃ。
「あわ泡泡泡~」
 浪花節に鼻歌を歌いながら、マシュマロお化けのようになってしまった吾輩をさらにこねくり回す。
「さ、ゴロちゃんもデビューに向けて発声練習よ。あわあわあわあわ~」
 ふい? 何のデビューかは知らんが、ここは一つ合わせておいた方が良いのかな。
『あわあわあわわわ~』
「弾けてポンッ!」
『弾けてポンッ!?』
「こつこつコツコツ~」
『こつこつコツツツ~』
「弾けてドカ~ン」
『土管ドカァンドカァァアアン
「なかなか上手いじゃない。これなら大丈夫そうね」
 ふむ、何が大丈夫なのかは判然としないが、とりあえず合格らしい。
 発声練習なるものが終わると、モクモクと泡立った体を再びシャワーで洗い流す。
 念入りに洗ってもらえたのだが、やはり人間様用のシャンプーはちと匂いがキツすぎる。
 仕方ない、しばらくの間は我慢するしかないであろう、次回こそはペット用のシャンプーでお願いしたいところだ。
「ホイ、おしまーい。ゴロちゃんはあたしが洗い終わるまで湯船の中で待っててね」
 言い終えると同時に、吾輩は両脇をかかえられた状態で宙を移動し、ゆっくりと湯船の中へと漬け込まれていく。
 ええ。いやちょっと待ってほしい、このままでは溺れてしまうではないか。と思いきや、体が半分くらい浸かったところで後ろ足が何かに着地した。
 おお、ちょうど良い所に足場があった。どうやらステップ付きの浴槽だったようだ。しかし、それでも四足を着いて立つと湯面ギリギリである。かろうじて鼻から上が浸からないで済んでいるだけの状態なので、ちょっとでも油断するとすぐに水没して窒息してしまいそうだ。顔をちょいと上に向けて、鼻先を湯面から出した状態で呼吸をするしかない。
「お、上手だねゴロちゃん。あたしが体洗い終わるまでそのままで待っててね。お湯飲んじゃダメだよ」
「へいへい、あまり待つのは好きじゃないので早めにお願いしますぞい」
 吾輩が溺れずに湯船に浸かっているのを確認すると、今度は舞子さんが体を洗い始める。しばらくはこのままジッとしておいて、舞子さんの入浴姿を眺める以外にすることがないのであるが、あまり長いこと待たされると茹で蛙になってしまいそうでちと心配だ。
 そんな吾輩の心配をよそに、舞子さんはのんびりと自分の体を泡に包み込んで、スポンジを使いながら各部をマッサージするように丁寧に洗い込んでゆく。
 ちょっとのぼせそうになって来た。どれ、せっかくお近づきになれたのだから、一つ親睦を深めるためにお背中でも流してあげることにしようかのう。
「まだ出てきちゃダメよー。百数えてからね」
 前足を浴槽の淵にかけて這い出そうとしたところ、舞子さんの手が伸びて来てグイッと頭を湯船の中へと押し戻されてしまった。
 ひゃ、百数えろって。こいつは少々厄介なことになってしまったのう、存外に監視の目が厳しい。そのあとも、体を洗いながら時おり吾輩の方を振り向き、ちゃんと湯船の中に浸かっているか確認する徹底ぶりである。
 どうにか隙を見てから抜け出して休憩したいところであるが、これでは身動きとれないでござる。
 そうこうしているウチに、いよいよ頭がボウッとしてクラクラして来た。まずい、このままでは本当に湯船の中で溺死してしまいそうだ。
 しばらくすると、ようやく体を洗い終えた舞子さんが、今度はシャンプーを頭になで付けて洗髪を始めた。
 よし、今が絶好の機会であるな。洗髪中は目を瞑っておるであろうから、気付かれないようにそっと抜け出してしまうことにいたそう。急げ、もう残された時間は少ない。
 舞子さんの頭が泡だらけになってゆくのを確認してから、再び前足を浴槽の淵に忍ばせてぐいっと体を引き寄せる。
 舞子さんは洗髪中でこちらに気付いていない。よし、これなら大丈夫そうだ、そのまま静かに上半身を湯船から這い上がらせて一気に脱出してしまおうとした矢先である。
「まーだダメよゴロちゃん。百数え終わってないでしょー」
 などと申しながら、右の掌を吾輩の頭へと押し付けて、そのまま湯船の中へずっぼんと押し戻して来た。
 はて、舞子さんは今しがた洗髪中で目を瞑っておったはずなのに、なぜ吾輩が脱出しようとしているのがバレたのであろうか? ひょっとしてこの子はエスパーさんかい。
 そして災難はまだ終わらない。シャンプーの付いた手で押さえ付けられたせいで、吾輩の目に泡が入ってしまった。ああ、これはちょっと勘弁してほしい。
 シャンプー攻撃から逃れるために慌てて湯船の中へと退避するも、片目を潰されてしまった。おぉ、沁みる。まったくもって何てことをしてくれるにゃ。
 泡だらけの手が再び洗髪作業に戻って行く、とりあえず災難は過ぎ去った。しかしながら、吾輩は袋小路に追い詰められてしまった気がする。
 そしてついに、視界がぼやけて来て湯船の中で立っているのがかなわなくなって来たでござる。今度はみるみる視界が狭まり、ゆっくりと暗転し始めた。万事休すか。
 舞子さんは依然として髪を洗うのに夢中になっておられる。
 吾輩はこのまま湯船の中で意識を失い、舞子さんが髪を洗い終わった頃には土左衛門のようにプカプカと浮かんでおることだろう。せっかく新しい飼い主とめぐり合えたと言うのに、一日でお別れとは無念である。

   ナンマンダブ、ナンマンダブ……


 

【ポエム版】Googleアドセンス審査に合格するコツ

ポエムだけでもアドセンスの審査は通る!


たまにはポエム以外の投稿を--て言うか。
初めてになりますが、Googleアドセンスの審査に通りました。
先日ダメもとで申請してみたら、一発ですんなりと……。
内容は見ての通り、自作ポエムを投稿しているだけ。
と言うことは、自作小説を公開してるサイトでも審査は通ると言う事ですね。


たがちょっと待って欲しい。
このサイトを読んだことがある人なら分かると思いますが。
「なんでこんなサイトがアドセンス通るんだ?」と思う方が大半ではないしょうか。
吾輩ですらそう思います。


と言うわけで、気になって仕方が無いのでアドセンス関連のページを巡回して調べてみました。
するとどうでしょう、年々審査基準が厳しくなっているらしいじゃないですか。
らしいと書いたのは審査基準自体は公開されてないからです。
探偵ゴッコして推察するしかありませんね。


それにしても、関連サイトを読めば読むほど混乱してきます。
多くのサイトでチェック項目やガイドラインが掲示されていますが、吾輩のサイトは該当してない項目の方が多い気がします。
ページレイアウトに到っては、合格してから慌ててスマホモードを実装したりSSL化してる始末です(苦笑)。
と言うことは、表向きに公表されている内容より重視されている何か、
“核”のような指針がありそうですにゃ。


 外部から恩賜的に与えられた枠組みに沿って、とりあえず型を整え、AI審査だけでサクッと合格するのもアリですが。
 もっとこう、猫の気まぐれでちゃぶ台返しを食らい、枠もろとも爆散して焼け野原になろうとも。
 再び自らの足で立ち上がり、自立した個性として、のっしのっしと力強く進んで行ける骨太な何か!


さて、他のサイトでも、アドセンスに合格した人は是非とも自分の体験談を紹介して下さいと書かれていたので


吾輩もやってみることにしましょうか。

“【ポエム版】Googleアドセンス審査に合格するコツ” の続きを読む